死生観、使命感、人生観

第百八話 覚る、悟る。

『覚悟』という言葉をじっと見つめてみる。 どちらも、 『さとる』 と読みますね。。 静かな響きだなと感じます。 覚る、悟る、真理をつかむ。 鈴木大拙によると、 『宗教は体験なくして、真の妙趣を味わう事は出来ない』と言って …続きを読む

»第百八話 覚る、悟る。の続きを読む

 

第百七話 我は神を知らず、我ただ神を愛す

西田幾多郎『善の研究』の最後の言葉 私は、神様という存在があるかは信じていませんが、 『大いなる何か』があるという事は信じています。 自分の過去のどの選択の一部を切り取っても、 人生のどの一秒を切り取っても、 今の自分は …続きを読む

»第百七話 我は神を知らず、我ただ神を愛すの続きを読む

 

第百六話 あ、い、う、え、お、に「ん」をつける人生を

ふと、大学時代の先輩から頂いた言葉を思い出した。 あ、い、う、え、おに「ん」をつける人生を。 あん・・・「案」 自分の頭で考え、行動する。 行動の始まりは、いつだって、自分の中で考えたことから始まる。 いん・・・「因」 …続きを読む

»第百六話 あ、い、う、え、お、に「ん」をつける人生をの続きを読む

 

第百五話 天地一切のものと和解する

判断に迷いがある時、運気はどんどん離れていく。 覚悟を持って判断した時、運気は味方となる。 起きている事はすべて何か意味がある。 ネガティブなことほど、今自分の人生に どんなメッセージを投げかけているのかを 考える。 そ …続きを読む

»第百五話 天地一切のものと和解するの続きを読む

 

第百四話 「絶対なんて無い」ということも絶対無い

そんなこと、考えたこともなかった。 絶対なんて無い。と、強く思った17歳。 永遠、絶対、ずっと、そんな言葉信じられなくなった。 絶対なんて無いという事に、『だからこそ今を』 という言葉をつける事が出来るようになった21歳 …続きを読む

»第百四話 「絶対なんて無い」ということも絶対無いの続きを読む

 

第百二話 本当に謙虚になれる時、感謝ができる時

人間、自分に本当の自信がなければ謙虚になれない。 人間、本当の強さを身につけていないと感謝ができない。 これは、河合隼雄さんの言葉。 『本当の自信』ってなんだろう? 自信が完全につく状態なんてないのではないだろうか?と思 …続きを読む

»第百二話 本当に謙虚になれる時、感謝ができる時の続きを読む

 

第百一話 変化ではなく進化する

変化というのは、よい意味でも悪い意味でも使われる。 進化というのは、前進あるのみ。 変えていったほうが良いこと、守らなければならないもの。 この二つが入り混じって、進化を遂げる。 自分の根本にある大切な思想は守る。 その …続きを読む

»第百一話 変化ではなく進化するの続きを読む

 

第八十七話 伝統とは

俺にお礼なんて言わなくていい。 だから、自分に後輩が出来たら、 俺がお前にした以上の事をそいつにしてあげるんだ。 いいな。わかったか? これが伝統。 先輩から受けた愛を 感謝という形で後輩に注ぐ。 それこそが伝統。

»第八十七話 伝統とはの続きを読む

 

第八十一話 言葉では伝わらない何か

言葉の本質は、 単純化、構造化、論理化 つまり、複雑に絡み合うアナログな世界を単純に捉えようとする。 構造化したり論理化したりして、理解しやすいようにする。 という事は、結局はその時に 「大切な何か」 が伝わらない事があ …続きを読む

»第八十一話 言葉では伝わらない何かの続きを読む

 

第五十八話 過去の事実は変えられない。変えられるのは過去の解釈

過去の事実は、どうしようも変えられないこと。 でも、その解釈の仕方は、いくらでも変える事が出来る。 過去の失敗や挫折は、 当時は眠れないほど悔しい思いだったかもしれないけれど、 今、振り返れば、自分の成長のために必要な出 …続きを読む

»第五十八話 過去の事実は変えられない。変えられるのは過去の解釈の続きを読む

 

1 / 3123