仕事への姿勢

第四十三話 悩みの本質

悩むのは、自分の力では解決できないからである。 言われてみてればあたりまえの一言。 自分で解決できない問題にぶち当たっているのだから、 くよくよ考え続けていても一向に答えは出ない。 自分で解決できない問題 という事は、 …続きを読む

»第四十三話 悩みの本質の続きを読む

 

第四十二話 戦略は銀歯

「事業には、その事業に魂を吹き込める者がいるかが重要だ。」 そのわずかな差が、その事業を成功に導くかどうかの分岐になる。 以前、会社の代表がしていた歯医者のたとえ話。 歯医者で歯を削り、銀歯を入れる。 銀歯を入れた後、最 …続きを読む

»第四十二話 戦略は銀歯の続きを読む

 

第四十一話 ストーリーテラー

論理的思考能力を駆使して、プレゼンテーションを行っても、 企画が通らない事がある。 そのような経験をしたことがあるビジネスマンは 多いのではないかと思います。 なぜ、論理的思考能力が高く、論理的なプレゼンテーションを行っ …続きを読む

»第四十一話 ストーリーテラーの続きを読む

 

第四十話 65点を目指せ

仕事は、完璧を追求したいものです。 100%のアウトプットを出す事を目指したいものです。 しかし、新入社員の時に口すっぱく言われました。 65点のところで一回見せてくれ。 自分が100点と思って出してくる成果物は、100 …続きを読む

»第四十話 65点を目指せの続きを読む

 

第三十九話 アビリティーとコンピテンス

アビリティー・・・一人で何かができる力 コンピテンス・・・集団の中で、自分の力を発揮する能力 学生時代は、アビリティーが高いと評価される。 自分が努力すれば、テストの順位が上がる。自分がやったかやらなかったかの差。 しか …続きを読む

»第三十九話 アビリティーとコンピテンスの続きを読む

 

第三十八話 捨てて、捨てて、捨てよ

 一つの作品を作るとき、いかに捨てるかが重要になる。  100の素材から、5までにそぎ落とす時、しかし、その95は、残した5に凝縮される。  非常に深い話です。  普段の仕事でも、そう思います。企画は、全て通るわけではあ …続きを読む

»第三十八話 捨てて、捨てて、捨てよの続きを読む

 

第三十七話 必要とされると人は嬉しい

仕事でたくさんの新人アルバイトさんを見てきた。 すでに辞めてしう人ととても生き生きと働いている人。 その違いはなんであろう? カウンセリングをしてみて、なるほどなと思う。 やはり、人は基本的に必要とされる所で責任感を持ち …続きを読む

»第三十七話 必要とされると人は嬉しいの続きを読む

 

第三十六話 ONとOFF、HIGHとLOW

仕事のONとOFFをつけろと言われるが、 完全にスイッチを切ってはいけない。 ギアをHIGHとLOWに切り替える イメージで、緩急をつけるようにする。 ~ドラゴン桜より~ そうですね。完全に切り離す事は出来ないですよね。 …続きを読む

»第三十六話 ONとOFF、HIGHとLOWの続きを読む

 

第三十四話 覚悟が定まる3つの瞬間

 共感しただけでは足りず、  情熱も続かなければ意味がなく、  仕事においては、覚悟が必要という事をよく伝えます。  では、仕事に覚悟を持つ瞬間とはどのような時なのか?  今思い浮かんでいるのは、3つの瞬間です。  ①逃 …続きを読む

»第三十四話 覚悟が定まる3つの瞬間の続きを読む

 

第三十三話 仮説は結論ではない

こんなに一生懸命やっているのに、 評価してもらえない。 誰も認めてくれない。 誰も見てくれない。 自分の中で、目標があって、それを達成するのだけれども、 大して評価されず、不満に思ったり、憤りを覚えたりした 経験は誰にで …続きを読む

»第三十三話 仮説は結論ではないの続きを読む

 

3 / 41234