仕事への姿勢

第七十五話 評価は遅れた頃にされる

自分はとてもがんばっているつもりなのに、 評価されない。 認められない。 誰も見てくれていない。 そんな、心境に陥ったことは、誰でもあるのではないでしょうか。 しかし、一つの真実があります。 評価は遅れた頃にされる。 過 …続きを読む

»第七十五話 評価は遅れた頃にされるの続きを読む

 

第六十話 「続く」ということ

人間どうしても、短期的なその場の光に目を奪われてしまいがち。 デイトレードで、数億円稼いだ 出版した本が100万部売れた リリースされたCDがミリオンセラーになった。 一夜にして、ヒーローになった人を見て、その姿に憧れ、 …続きを読む

»第六十話 「続く」ということの続きを読む

 

第五十九話 100%自分の仕事ではない。

今でもトップを走り続けるアーティストB’Z 楽曲は、稲葉浩志が作詞を行い、松本孝弘が作曲を行う。 この役割分担は変わることがないという。 稲葉さん曰く、 100%自分の仕事ではないから、 いい作品が生まれるのだ 100% …続きを読む

»第五十九話 100%自分の仕事ではない。の続きを読む

 

第五十六話 守・破・離

守・・・今までのやり方を踏襲すること 破・・・今までのやり方から自分のオリジナリティを出すこと。 離・・・自分のやり方を再度見直すこと。パラダイムシフトを起こすこと。 ある分野で一人前の結果を出すには、最低三年かかると思 …続きを読む

»第五十六話 守・破・離の続きを読む

 

第五十五話 相手に手を渡す

羽生さんの「決断力」より抜粋。 将棋は、お互いに一手ずつ手を動かしていき、指していく。 だから、自分が指した瞬間には自分の力は消えて、他力になってしまう。 そうなったら、自分ではもうどうすることもできない。 相手の選択に …続きを読む

»第五十五話 相手に手を渡すの続きを読む

 

第五十二話 「俺が」から一段上がる

アーティストは、境地に達すると、 「この作品は自分が作った作品ではない」 という感覚に襲われるという。 何かに導かれたりとか、様々な人との出会いとか、 そういった過程の中で結果としてできたものであって、 自分ひとりで作っ …続きを読む

»第五十二話 「俺が」から一段上がるの続きを読む

 

第四十八話 無くてはならないものほどタダに近づく

ある社長の言葉 一本数万円の高級ワイン あったらいいかもしれないけど、 なくてはならないものでもない。 水 人間にとってなくてはならないもので、 だけどタダに近い。 世の中に必要不可欠なものほど、タダに近づく。 空気。人 …続きを読む

»第四十八話 無くてはならないものほどタダに近づくの続きを読む

 

第四十六話 努力できる土壌がある

インターンシップでお世話になった農家のお父さんの言葉。 「俺が今こうやって幸せな老後を送れているのも、 努力した事も然ることながら、 努力できる土壌があったことを忘れちゃいけないんだよな。」 というお言葉。 「努力できる …続きを読む

»第四十六話 努力できる土壌があるの続きを読む

 

第四十五話 心、行動、習慣、人格、運命

心が変われば行動が変わる。 行動が変われば習慣が変わる。 習慣が変われば人格が変わる。 人格が変われば運命が変わる。 星陵高校の一塁側ベンチや室内練習場にこの言葉が書かれているそうです。 とてもいい言葉だと思いますし、そ …続きを読む

»第四十五話 心、行動、習慣、人格、運命の続きを読む

 

第四十四話 「伝達」とは何か

伝達とは、 伝え、達する と書く。 こちらから一方的に伝えるだけでは足りない。 相手に、達してこそ、伝達と呼ぶ。 論理的にプレゼンテーションができたとしても、それは伝えたレベル。 相手に達してこそ、プレゼンテーションは成 …続きを読む

»第四十四話 「伝達」とは何かの続きを読む

 

2 / 41234