仕事への姿勢

第八十九話 作用と反作用

机を手で押すと、その力と同じ力で机が手を押してくる。 これを作用と反作用といいますね。 物事には必ず、表裏があり、その両方の性質を分かってこそ、 その道のプロとなることができます。 ある本に、 腕のよい警察官は、腕のよい …続きを読む

»第八十九話 作用と反作用の続きを読む

 

第八十六話 目的と手段

高校球児にとって、 甲子園は、目的か?手段か? 高校野球がすべてと思う球児にとっては 甲子園が目的で普段の練習が手段。 しかし、メジャーリーグを目指す選手にとっては、 甲子園は手段であって、メジャーリーグへ行くのは目的。 …続きを読む

»第八十六話 目的と手段の続きを読む

 

第八十五話 反省が完了する時

反省は、次に同じような状況が起こった時に 乗り越える事が出来て初めて完了する。 何度も同じ失敗をする。 何度も同じ反省をする。 これは、反省とは言わない。 これは、単なる感想である。 あぁ、またやってしまった。 次は気を …続きを読む

»第八十五話 反省が完了する時の続きを読む

 

第八十三話 ノウハウは陳腐化する

人は、過去の成功体験に溺れてしまうもの。 自分の武勇伝をいつまでも語りたいもの。 しかし、成功の法則は時代によって変わるし、 この情報化社会の中では、誰かの成功体験など 簡単に真似をされてしまう。 そう、ノウハウは簡単に …続きを読む

»第八十三話 ノウハウは陳腐化するの続きを読む

 

第八十二話 そうせざるを得ない環境へ身を置く

 夢をかなえるゾウのガネーシャの言葉。    自分の意識は変わらない。そうなる環境に身を置くことが大切だと。  一理ある思います。人間の意思というのは、意外と弱いもので、  強引にその環境に自分の身を置いて、いつの間にか …続きを読む

»第八十二話 そうせざるを得ない環境へ身を置くの続きを読む

 

第八十話 Unfinished Business

職場に、いやな上司、苦手な同僚、抱えたくない責任 があり、それが理由で転職を考えるならば、 一度踏みとどまってほしい。 逃げの姿勢で、転職をするとき、また次の職場でも 同じようないやな上司、苦手な同僚、抱えたくない責任 …続きを読む

»第八十話 Unfinished Businessの続きを読む

 

第七十九話 何を選ぶかではない、どの心境で選ぶか

人生というのは、選択の連続である。 その選択の中にも、今後の人生を左右選択がある。 その際に、自分の心に問いかけてもらいたい。 自分は何を基準に選ぼうとしているのか? 隣の芝が青くは見えていないか? 今のその場所で、卒業 …続きを読む

»第七十九話 何を選ぶかではない、どの心境で選ぶかの続きを読む

 

第七十八話 スペシャリストかゼネラリストか

自分はスペシャリストになりたいのか、ゼネラリストになりたいのか というように、スペシャリストとゼネラリストが対極のものとして 議論されることが多い。 しかし、ゼネラリストになるとしても必ずある分野でスペシャリストでなけれ …続きを読む

»第七十八話 スペシャリストかゼネラリストかの続きを読む

 

第七十七話 組織と集団の違い

組織と集団の違いは何か? どちらも人の集まりである。 その違いは、目的があるか?役割分担がされているか? 一人では到底達成する事の出来ない大きな目標に対して、 同じ思いを持つ者が集まり、 各々の得意な分野において、 その …続きを読む

»第七十七話 組織と集団の違いの続きを読む

 

第七十六話 今見えているモノは過去の結果

就職活動をする時に、 企業研究をし、自分の行きたい企業はどこかを 探します。 その時に気をつけてもらいたい。 現在のその企業の姿は、過去の努力の結果である。 未来の姿を保証するものではない。 つまり、期待している知名度、 …続きを読む

»第七十六話 今見えているモノは過去の結果の続きを読む

 

1 / 41234