|-【108話のメッセージ】

第八十二話 そうせざるを得ない環境へ身を置く

 夢をかなえるゾウのガネーシャの言葉。    自分の意識は変わらない。そうなる環境に身を置くことが大切だと。  一理ある思います。人間の意思というのは、意外と弱いもので、  強引にその環境に自分の身を置いて、いつの間にか …続きを読む

»第八十二話 そうせざるを得ない環境へ身を置くの続きを読む

 

第八十一話 言葉では伝わらない何か

言葉の本質は、 単純化、構造化、論理化 つまり、複雑に絡み合うアナログな世界を単純に捉えようとする。 構造化したり論理化したりして、理解しやすいようにする。 という事は、結局はその時に 「大切な何か」 が伝わらない事があ …続きを読む

»第八十一話 言葉では伝わらない何かの続きを読む

 

第八十話 Unfinished Business

職場に、いやな上司、苦手な同僚、抱えたくない責任 があり、それが理由で転職を考えるならば、 一度踏みとどまってほしい。 逃げの姿勢で、転職をするとき、また次の職場でも 同じようないやな上司、苦手な同僚、抱えたくない責任 …続きを読む

»第八十話 Unfinished Businessの続きを読む

 

第七十九話 何を選ぶかではない、どの心境で選ぶか

人生というのは、選択の連続である。 その選択の中にも、今後の人生を左右選択がある。 その際に、自分の心に問いかけてもらいたい。 自分は何を基準に選ぼうとしているのか? 隣の芝が青くは見えていないか? 今のその場所で、卒業 …続きを読む

»第七十九話 何を選ぶかではない、どの心境で選ぶかの続きを読む

 

第七十八話 スペシャリストかゼネラリストか

自分はスペシャリストになりたいのか、ゼネラリストになりたいのか というように、スペシャリストとゼネラリストが対極のものとして 議論されることが多い。 しかし、ゼネラリストになるとしても必ずある分野でスペシャリストでなけれ …続きを読む

»第七十八話 スペシャリストかゼネラリストかの続きを読む

 

第七十七話 組織と集団の違い

組織と集団の違いは何か? どちらも人の集まりである。 その違いは、目的があるか?役割分担がされているか? 一人では到底達成する事の出来ない大きな目標に対して、 同じ思いを持つ者が集まり、 各々の得意な分野において、 その …続きを読む

»第七十七話 組織と集団の違いの続きを読む

 

第七十六話 今見えているモノは過去の結果

就職活動をする時に、 企業研究をし、自分の行きたい企業はどこかを 探します。 その時に気をつけてもらいたい。 現在のその企業の姿は、過去の努力の結果である。 未来の姿を保証するものではない。 つまり、期待している知名度、 …続きを読む

»第七十六話 今見えているモノは過去の結果の続きを読む

 

第七十五話 評価は遅れた頃にされる

自分はとてもがんばっているつもりなのに、 評価されない。 認められない。 誰も見てくれていない。 そんな、心境に陥ったことは、誰でもあるのではないでしょうか。 しかし、一つの真実があります。 評価は遅れた頃にされる。 過 …続きを読む

»第七十五話 評価は遅れた頃にされるの続きを読む

 

第七十四話 盲目の僧、像を触る

目の見えない僧達が、何人か象の周りに立っています。 一人が象の鼻に触って、象はホースみたいなものだ言います。 もう一人は腹に触って、象は壁みたいなものだと言います。 一人は脚の周りに腕を回して、象は樹木のようなものだと言 …続きを読む

»第七十四話 盲目の僧、像を触るの続きを読む

 

第七十三話 一つ目国の悲劇

medium_7618118856

しかし、その国で過ごすうちに、
旅人は、だんだん孤独になってきました。

自分だけが二つの目をもつことが
異常なことのように思われてきたのです。

そして、その孤独のあまり、
ついに、その旅人は、
自ら、片方の目をつぶし、一つ目になったのです。

»第七十三話 一つ目国の悲劇の続きを読む