|-【108話のメッセージ】

第九十二話 最も生命的な活動が起こる場所

完全な秩序状態・・・オーダーの世界 完全な混沌状態・・・カオスの世界 最も生命的な活動が起こる場所は意外な場所。 オーダーとカオスの境目。 カオスの縁と呼ばれる場所であるという。 確かに、完璧な秩序状態からは新しい物は生 …続きを読む

»第九十二話 最も生命的な活動が起こる場所の続きを読む

 

第九十一話 時間は未来から過去へ流れる 

時間は、過去から未来に流れる。 これが、一般的な考え方。 現在の自分は、過去の行動の結果である。 そう捉える人が多い。 今、こうであるのは、過去にこうしたおかげだ。 もしも、あの時、こうしていたら今はこうであったに違いな …続きを読む

»第九十一話 時間は未来から過去へ流れる の続きを読む

 

第九十話 「空(クウ)」とは何か

ひきよせて むすべば柴の 庵にて とくればもとの 野はらなりけり 「庵」とは、草木を結ぶなどして作った質素な小屋のことで、 僧や世捨て人などが仮住まいとしたものである。 庵は、「建築する」とはいわず、「結ぶ」といった。 …続きを読む

»第九十話 「空(クウ)」とは何かの続きを読む

 

第八十九話 作用と反作用

机を手で押すと、その力と同じ力で机が手を押してくる。 これを作用と反作用といいますね。 物事には必ず、表裏があり、その両方の性質を分かってこそ、 その道のプロとなることができます。 ある本に、 腕のよい警察官は、腕のよい …続きを読む

»第八十九話 作用と反作用の続きを読む

 

第八十八話 ドリームキラー

自分の夢は、語らないほうがいい。 と、ある本に書かれていました。 それは、語る事で 「お前にはできない」 「何バカなことを言っているのだ」 というような言葉で、その夢を応援してくれない人、 ドリームキラー が現れる可能性 …続きを読む

»第八十八話 ドリームキラーの続きを読む

 

第八十七話 伝統とは

俺にお礼なんて言わなくていい。 だから、自分に後輩が出来たら、 俺がお前にした以上の事をそいつにしてあげるんだ。 いいな。わかったか? これが伝統。 先輩から受けた愛を 感謝という形で後輩に注ぐ。 それこそが伝統。

»第八十七話 伝統とはの続きを読む

 

第八十六話 目的と手段

高校球児にとって、 甲子園は、目的か?手段か? 高校野球がすべてと思う球児にとっては 甲子園が目的で普段の練習が手段。 しかし、メジャーリーグを目指す選手にとっては、 甲子園は手段であって、メジャーリーグへ行くのは目的。 …続きを読む

»第八十六話 目的と手段の続きを読む

 

第八十五話 反省が完了する時

反省は、次に同じような状況が起こった時に 乗り越える事が出来て初めて完了する。 何度も同じ失敗をする。 何度も同じ反省をする。 これは、反省とは言わない。 これは、単なる感想である。 あぁ、またやってしまった。 次は気を …続きを読む

»第八十五話 反省が完了する時の続きを読む

 

第八十四話 経験を体験化する

様々な経歴を持ちながら、なぜか魅力を感じる事が出来ない人。 その経歴通り、言葉に深みがあり、魅力的だと思える人。 この違いは何か? それは、経験を体験化しているかどうか。 とは、田坂広志先生の言葉。 仕事の思想―なぜ我々 …続きを読む

»第八十四話 経験を体験化するの続きを読む

 

第八十三話 ノウハウは陳腐化する

人は、過去の成功体験に溺れてしまうもの。 自分の武勇伝をいつまでも語りたいもの。 しかし、成功の法則は時代によって変わるし、 この情報化社会の中では、誰かの成功体験など 簡単に真似をされてしまう。 そう、ノウハウは簡単に …続きを読む

»第八十三話 ノウハウは陳腐化するの続きを読む