|-【108話のメッセージ】

第百二話 本当に謙虚になれる時、感謝ができる時

人間、自分に本当の自信がなければ謙虚になれない。 人間、本当の強さを身につけていないと感謝ができない。 これは、河合隼雄さんの言葉。 『本当の自信』ってなんだろう? 自信が完全につく状態なんてないのではないだろうか?と思 …続きを読む

»第百二話 本当に謙虚になれる時、感謝ができる時の続きを読む

 

第百一話 変化ではなく進化する

変化というのは、よい意味でも悪い意味でも使われる。 進化というのは、前進あるのみ。 変えていったほうが良いこと、守らなければならないもの。 この二つが入り混じって、進化を遂げる。 自分の根本にある大切な思想は守る。 その …続きを読む

»第百一話 変化ではなく進化するの続きを読む

 

第百話 やまあらしのジレンマ

ヤマアラシ

あるところに二匹のやまあらしが住んでいました。 冬の朝、とても寒いので、二匹のやまあらしは、 互いに暖めあおうとして身を寄せあいました。 しかし、あまりに近く身をよせあったため、 二匹のやまあらしは、自分の体に生えている …続きを読む

»第百話 やまあらしのジレンマの続きを読む

 

第九十九話 弱点克服から才能強化へ

自分が成長をするためには弱点の克服か 才能の強化かどちらが大切ですか? という質問に対して、 私は、「弱点の克服です」と答えていました。 そして、教育によって人は変わると思っていましたし、 弱点をどう克服するかに焦点を当 …続きを読む

»第九十九話 弱点克服から才能強化への続きを読む

 

第九十八話 論理的思考力から感覚的直観力へ

我々は言葉にて語り得るものを語りつくしたとき、 言葉にて語り得ないものを、知ることがあるだろう。 ~ウィトゲンシュタイン~ 20代、特に学生時代は、論理的思考能力こそプレゼンテーションに必要な能力だと思って、 「論理的思 …続きを読む

»第九十八話 論理的思考力から感覚的直観力への続きを読む

 

第九十七話 完全の追究から矛盾との対峙へ

最も生命的な活動が行われるのは、カオスの淵である。 この言葉は、20代で知った言葉、実感した事の中でも重要なものです。 20代の頃は、完璧主義をめざしたり、 抜けの無い仕組み作りに奔走したりしていました。 つまり、完全な …続きを読む

»第九十七話 完全の追究から矛盾との対峙への続きを読む

 

第九十六話 達成感から感謝へ

20代は、 小さな目標をクリアし続ける事で達成感を味わい、 目標にする人を追いかける中で近づけたと実感する事に達成感を味わい、 誰かに褒められる、感謝される事で達成感を味わい、 その、達成感によって心を満たす事をモチベー …続きを読む

»第九十六話 達成感から感謝への続きを読む

 

第九十五話 水は高きから低きに流れる

未来は予測できないが、予見することができる。 これから何が起こるのか/田坂 広志 ¥1,575 Amazon.co.jp 砂山を作り、頂上からジョウロで水を流す。 すると、その水がどのように流れるか正確な道筋は分からない …続きを読む

»第九十五話 水は高きから低きに流れるの続きを読む

 

第九十四話 弁証法5つの法則で世界を見る

これから世の中がどのように動いていくのか? を見極める時に役に立つ、弁証法の5つの法則 1.事物の螺旋的発展 2.対立物の相互浸透 3.否定の否定による発展 4.量質転化による発展 5.矛盾の止揚による発展 古き、懐かし …続きを読む

»第九十四話 弁証法5つの法則で世界を見るの続きを読む

 

第九十三話 要素還元主義の限界

科学は、全体を部分に分解し、 その部分を分析をする事で発展してきた。 それを要素還元主義という。 要素還元主義により、確かに文明は発達した。 しかし、同時にその限界にも気付きつつある。 どんなに部分を分解して分析して、 …続きを読む

»第九十三話 要素還元主義の限界の続きを読む

 

3 / 1312345...10...最後 »