|-【108話のメッセージ】

『火中の栗を拾う』

『火中の栗を拾う』 師の言葉を聞きながら、師に比べたら全然スケールの小さい話しだが、昔の事を思い出した。 少しお手伝いという約束である部署で仕事をしていた。 戻ってくる社員と引き継いで、僕は別部署へ異動する予定だった。 …続きを読む

»『火中の栗を拾う』の続きを読む

2011-04-18 | Posted in |-【108話のメッセージ】No Comments » 

 

私の持つ5つの視座【キュレーションの時代】を読んで

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)/佐々木 俊尚 ¥945 Amazon.co.jp 佐々木俊尚さんのキュレーションの時代を読んだ。 いろいろと書きたい事はあるのだが、今回は、視点と視座 …続きを読む

»私の持つ5つの視座【キュレーションの時代】を読んでの続きを読む

2011-03-15 | Posted in |-【108話のメッセージ】No Comments » 

 

【活動終了!ありがとうございました!】東日本大震災への少なからずの支援の為に

【ご賛同してくださった方ありがとうございました!】 他にも影響力のある義援金サイトがあるので、いったん終了します! 下記のようなサイトが立ち上がっているので、私もこちらに参加します。 東北地方太平洋沖地震にWeb/携帯か …続きを読む

»【活動終了!ありがとうございました!】東日本大震災への少なからずの支援の為にの続きを読む

2011-03-12 | Posted in |-【108話のメッセージ】No Comments » 

 

電子書籍を作りました。日々是成長~108話のメッセージ~

日々是成長~108話のメッセージ~/小泉雅大 ¥FREE Puboo ブログの中の108話のメッセージを、若干のリライトをかけて、電子書籍としてまとめてみました。 一話一話、空白や改行にこだわって作ってみたので、 一番そ …続きを読む

»電子書籍を作りました。日々是成長~108話のメッセージ~の続きを読む

2011-02-13 | Posted in |-【108話のメッセージ】No Comments » 

 

第百八話 覚る、悟る。

『覚悟』という言葉をじっと見つめてみる。 どちらも、 『さとる』 と読みますね。。 静かな響きだなと感じます。 覚る、悟る、真理をつかむ。 鈴木大拙によると、 『宗教は体験なくして、真の妙趣を味わう事は出来ない』と言って …続きを読む

»第百八話 覚る、悟る。の続きを読む

 

第百七話 我は神を知らず、我ただ神を愛す

西田幾多郎『善の研究』の最後の言葉 私は、神様という存在があるかは信じていませんが、 『大いなる何か』があるという事は信じています。 自分の過去のどの選択の一部を切り取っても、 人生のどの一秒を切り取っても、 今の自分は …続きを読む

»第百七話 我は神を知らず、我ただ神を愛すの続きを読む

 

第百六話 あ、い、う、え、お、に「ん」をつける人生を

ふと、大学時代の先輩から頂いた言葉を思い出した。 あ、い、う、え、おに「ん」をつける人生を。 あん・・・「案」 自分の頭で考え、行動する。 行動の始まりは、いつだって、自分の中で考えたことから始まる。 いん・・・「因」 …続きを読む

»第百六話 あ、い、う、え、お、に「ん」をつける人生をの続きを読む

 

第百五話 天地一切のものと和解する

判断に迷いがある時、運気はどんどん離れていく。 覚悟を持って判断した時、運気は味方となる。 起きている事はすべて何か意味がある。 ネガティブなことほど、今自分の人生に どんなメッセージを投げかけているのかを 考える。 そ …続きを読む

»第百五話 天地一切のものと和解するの続きを読む

 

第百四話 「絶対なんて無い」ということも絶対無い

そんなこと、考えたこともなかった。 絶対なんて無い。と、強く思った17歳。 永遠、絶対、ずっと、そんな言葉信じられなくなった。 絶対なんて無いという事に、『だからこそ今を』 という言葉をつける事が出来るようになった21歳 …続きを読む

»第百四話 「絶対なんて無い」ということも絶対無いの続きを読む

 

第百三話 個性が磨かれる時

現代は、個を尊重する時代と言われる。 しかし、個を尊重するという事は、周りから個を切り離すという意味ではない。 個性は自分一人では磨くことはできない。 では、個性というのはどのように磨かれるのだろうか? それは、他人の個 …続きを読む

»第百三話 個性が磨かれる時の続きを読む

 

2 / 1312345...10...最後 »