自分を磨く

第百三話 個性が磨かれる時

現代は、個を尊重する時代と言われる。 しかし、個を尊重するという事は、周りから個を切り離すという意味ではない。 個性は自分一人では磨くことはできない。 では、個性というのはどのように磨かれるのだろうか? それは、他人の個 …続きを読む

»第百三話 個性が磨かれる時の続きを読む

 

第八十四話 経験を体験化する

様々な経歴を持ちながら、なぜか魅力を感じる事が出来ない人。 その経歴通り、言葉に深みがあり、魅力的だと思える人。 この違いは何か? それは、経験を体験化しているかどうか。 とは、田坂広志先生の言葉。 仕事の思想―なぜ我々 …続きを読む

»第八十四話 経験を体験化するの続きを読む

 

第七十話 「才能」と無意識の関係

才能とは、無意識に繰り返される思考、感情、行動のパターン さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす/マーカス バッキンガム ¥1,680 Amazon.co.jp この「無意識」というのが重要 …続きを読む

»第七十話 「才能」と無意識の関係の続きを読む

 

第二十八話 憧れのあの人になりたい?

人は、ないものねだり。 人は、すぐに誰かと自分を比較してしまう。 あるものを数えるのではなく 無いものを数えてしまう。 本当は、自分が思っているよりも たくさんのものを持っているのに。 私は、憧れのあの人のようにはなれな …続きを読む

»第二十八話 憧れのあの人になりたい?の続きを読む

 

第十八話 レモンを渡されたら、レモネードを作る努力をしよう

レモン = 不良品  レモネード = 子供の大好物  という意味をあらわす。 つまり、 自分にとって好ましくない状況に置かれたとしても、 自らの手で、望ましい状況に持っていく努力をしよう ということ。 受け身であってはい …続きを読む

»第十八話 レモンを渡されたら、レモネードを作る努力をしようの続きを読む

 

第十七話 成長の「原点」と「本質」

成長の原点は、「交換」 本質は、「付け加え」と「削ぎ落とし」 相手の時間と交換して、自分の成長を得る。 相手に迷惑をかけて、自分が学びを得る。 その学びとは、新しい知識の付加かもしれない。 その学びとは、既存概念の削ぎ落 …続きを読む

»第十七話 成長の「原点」と「本質」の続きを読む

 

第十六話 語尾に「よかった」をつける。

なんでも、物事をポジティブに捉えられる 魔法の言葉 すべての語尾に、「よかった」をつける。 待ち合わせに遅刻をされた。 事故じゃなくて、「よかった」 左手を骨折した。 利き腕じゃなくて「よかった」 厳しい指導を受けた。 …続きを読む

»第十六話 語尾に「よかった」をつける。の続きを読む

 

第十五話 人生が問いかける

我々が人生の意味を問うて生きるのではない。 人生が我々に、その意味を問いかけてきているのである。 深い。 何で自分は生まれてきたのだろう? 何のために生きるのだろう? ということは誰でも考えること。 だけど、その問いを持 …続きを読む

»第十五話 人生が問いかけるの続きを読む

 

第十四話 「自信がある」と「自分を信じる」

「自信がある人」と「自分を信じている人」は、似ているようで違う。 自信があるという状態は、過去に経験があって、それを活かして パフォーマンスが出せるという事。 つまり、過去の自分に対する評価。 現状を維持し、新しい挑戦を …続きを読む

»第十四話 「自信がある」と「自分を信じる」の続きを読む

 

第十三話 真剣と深刻

自分のいまやっていることは、やりたいことか? やらねばならない事になっていないか? 人間は、やりたい事でないと、がんばれない。 本来の力を発揮できない。 物事に対して、真剣になっても深刻になってしまってはいけない。 真剣 …続きを読む

»第十三話 真剣と深刻の続きを読む

 

1 / 212