|-【読書】

忘れられた叡智~田坂広志~

忘れられた叡智 読みました。 忘れられた叡智/田坂 広志 ¥1,365 Amazon.co.jp 目に見えない資本主義/田坂 広志(たさか ひろし) ¥1,680 Amazon.co.jp が元になって、創られた寓話だそ …続きを読む

»忘れられた叡智~田坂広志~の続きを読む

2010-08-30 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 

 

世界を変える「場所的経営」

Wed, Jul 14 22:28 前川 正雄 (単行本 – Dec 18, 2009) の ‘世界を変える「場所的経営」’ を Amazon でチェック! http://amzn.to/aZGJKr 22:30 共同体 …続きを読む

»世界を変える「場所的経営」の続きを読む

2010-07-25 | Posted in |-【読書】No Comments » 

 

サソリの本能 

昔あるところにサソリとカエルが住んでいた。 サソリは池の向こう岸に渡りたかったが、 サソリであるために泳げない。 そこでカエルのところに行って頼んだ。 「カエルさん、僕を背中に乗せて池の向こう岸まで連れていってくれないか …続きを読む

»サソリの本能 の続きを読む

2010-06-28 | Posted in |-【読書】No Comments » 

 

経営者が語るべき「言霊」とは何か~twitter~

11:23 田坂 広志 (単行本 – Jan 24, 2003) の ‘経営者が語るべき「言霊」とは何か’ を Amazon でチェック! amzn.to/9eLiNI # 11:23 「意 …続きを読む

»経営者が語るべき「言霊」とは何か~twitter~の続きを読む

2010-06-15 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 

 

鈴木大拙~禅とは何か:何を仏教生活というか①~

20:52 鈴木 大拙 (文庫 – Dec 25, 2008) の ‘新版 禅とは何か (角川ソフィア文庫)’ を Amazon でチェック! amzn.to/cbruoj # 20:53  …続きを読む

»鈴木大拙~禅とは何か:何を仏教生活というか①~の続きを読む

2010-06-14 | Posted in |---鈴木大拙No Comments » 

 

禅とは何か~第一章つぶやき~

23:08 実に宗教をして可能ならしむるものは、この個人的宗教体験であって、したがって今日ここに最も考うべき重要な眼目となっているものなのである。 # 23:10 宗教はこの最後の体験という …続きを読む

»禅とは何か~第一章つぶやき~の続きを読む

2010-06-05 | Posted in |---鈴木大拙No Comments » 

 

私の図書館,日本型MBA的必読書~まず、リベラル・アーツを身につけよ~

主に、amazon上で私が現在大学院でMBAの勉強をしていく中で読んでいる本を紹介していきます。その他、興味を持った本も紹介していけたらと思っています。 http://astore.amazon.co.jp/koikoi …続きを読む

»私の図書館,日本型MBA的必読書~まず、リベラル・アーツを身につけよ~の続きを読む

2010-04-29 | Posted in |-【読書】No Comments » 

 

西田幾多郎~善の研究~を読み始める。

3名の人に同じことを言われたら、メッセージとして受け取る。 西田幾多郎の善の研究を、薦められ手に取った。 善の研究 <全注釈> (講談社学術文庫)/西田 幾多郎 ¥1,155Amazon.co.jp 『純粋経験』と …続きを読む

»西田幾多郎~善の研究~を読み始める。の続きを読む

2010-04-26 | Posted in |-【読書】No Comments » 

 

アート・バイブル

アートバイブル/何 恭上 ¥3,150Amazon.co.jp これはすごい。 世界の名画を見ながら、聖書の内容が勉強できる。 宗教社会学の勉強のために購入。 絵と一緒に覚えるという事は大切ですね。

»アート・バイブルの続きを読む

2010-04-12 | Posted in |-【読書】No Comments » 

 

世界が分かる宗教学入門~つぶやき~

21:38 世界が分かる宗教社会学入門~橋爪大三郎~ #世界がわかる宗教社会学入門 (ちくま文庫)/橋爪 大三郎 ¥819Amazon.co.jp 21:39 自分の知ることのできない事を知ろうとすること。これが、知性の …続きを読む

»世界が分かる宗教学入門~つぶやき~の続きを読む

2010-03-04 | Posted in |-【読書】No Comments »