|—田坂 広志

「風の便り」 第96便 この国の「貧しさ」

この国の「貧しさ」  何年か前、参議院の参考人として招かれ、  議員の方々から、次の質問を受けました。   国の「豊かさ」とは何でしょうか。   どうすれば、我が国は、   「豊かな国」になることができるのでしょうか。 …続きを読む

»「風の便り」 第96便 この国の「貧しさ」の続きを読む

2008-06-08 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 

 

これから我が国の大学は何をめざすか

田坂先生の講演です。 http://www.sophiabank.co.jp/audio/japanes/2006/09/post_16/ 僕がやりたい教育の事、まさに集約されています。 ipodに落として、3回聞きまし …続きを読む

»これから我が国の大学は何をめざすかの続きを読む

2008-06-07 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 

 

「風の便り」第95便 古い「眼鏡」

 地球とは、一つの「巨大な生命体」である。  その「ガイア仮説」の提唱者として知られる  ジェームズ・ラブロック博士と、何年か前、  あるラウンドテーブルで討議をする機会を得ました。  その討議において、ある著名な科学哲 …続きを読む

»「風の便り」第95便 古い「眼鏡」の続きを読む

2008-06-01 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 

 

「風の便り」第94便 「進化」の本質

 ある会議で、二人の編集者が議論をしていました。  「本の未来」についての議論でした。  一人の編集者は、こう語りました。   本という情報メディアは、決して無くならない。   「本をひもとく」という言葉のように、    …続きを読む

»「風の便り」第94便 「進化」の本質の続きを読む

2008-06-01 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 

 

「風の便り」第93便 「言葉」がもたらすもの

 昔、幼稚園を訪問したとき、  そこで耳にした、無邪気な会話を思い出します。  先生が、園児の一人、オサム君を誉めました。   オサム君は、本当に、良い子ね。  そのとき、嬉しそうなオサム君の横にいた  ノリコちゃんが、 …続きを読む

»「風の便り」第93便 「言葉」がもたらすものの続きを読む

2008-06-01 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 

 

 田坂広志 「風の便り」第92便「フォース」が現れるとき

=======================================================  田坂広志 「風の便り」 ふたたび  第92便 ============================== …続きを読む

» 田坂広志 「風の便り」第92便「フォース」が現れるときの続きを読む

2008-04-23 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 

 

自分の言葉に責任を持つ

 こころの生態系   こころのマネジメント  この2冊を読みました。  やっぱり、どこまでいっても人対人だし、   心の問題に答えなんて無い    と思います。   しかし、マネージャーにとって、人の心と向き合う事は不可 …続きを読む

»自分の言葉に責任を持つの続きを読む

2008-04-19 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 

 

何を選ぶかじゃない、どの心境で選ぶかだ。

 「割りきりとは、魂の弱さである。」  とは、亀井勝一郎の言葉。  このことは、とてもよく分かります。  自分は、自分が成長する時ってどんな時だろう?と考えた時に、   徹底的に反省する時。   だと思っています。  し …続きを読む

»何を選ぶかじゃない、どの心境で選ぶかだ。の続きを読む

2008-04-19 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 

 

田坂広志 「風の便り」 ふたたび  第91便 世界の奥行

=======================================================  田坂広志 「風の便り」 ふたたび  第91便 ============================== …続きを読む

»田坂広志 「風の便り」 ふたたび  第91便 世界の奥行の続きを読む

2008-04-16 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 

 

なぜ、我々は「志」を抱いて生きるのか

魂の公演 http://www.sophiabank.co.jp/audio/japanes/2006/08/post_10/ 田坂先生の、 一期一会 という言葉、 死生観 という言葉が、 なぜ、こんなにも深く響くのか? …続きを読む

»なぜ、我々は「志」を抱いて生きるのかの続きを読む

2008-04-12 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 

 

3 / 512345