|-【人生論】

「宿命」と「運命」の違い

大好きなGLAYのTERUがインタビューでこう答えていました。 「仮に人生が決められたものだとしても、それを自分で変えたんだと思えるような人生を送りたい。自分の手でこの道を選んできたんだと思えるような。」 ふと、この二つ …続きを読む

»「宿命」と「運命」の違いの続きを読む

2011-08-08 | Posted in |---死生観No Comments » 

 

父の日に思う。

いろいろな尊敬する人はいるし、 師と仰ぐ方もいる。 しかし、なんだかんだ言ったって、 一番、 追いかけ、 追いつき、 追い越したいのは、 父親という存在ですよ。 私が成長したいと願うのは、この一点。 それは、小学校5年生 …続きを読む

»父の日に思う。の続きを読む

2011-06-19 | Posted in |-【人生論】No Comments » 

 

靖国神社で見た20代の若者の死生観

最近、思うことがある。 自分はビジネス界ではまだまだ若者と言われる30代前半 しかし、本当に若いのだろうか。 人生観が定まらないほど若いのだろうか。 そんなことを考えていたときに、ふと昨年の12月 靖国神社に行ったことを …続きを読む

»靖国神社で見た20代の若者の死生観の続きを読む

2011-06-19 | Posted in |---死生観No Comments » 

 

共感とは何か。友達が深い穴に落ちた。

知人から、以下の話しを聞いた。 ある日仲良しの子供が2人で遊んでいました 遊びに夢中になっていると1人の子供が深い穴に落ちてしまいました もう1人の子供は大人に助けを求めようと急いで近くの家に駆け込みました 「どうしたの …続きを読む

»共感とは何か。友達が深い穴に落ちた。の続きを読む

2011-04-16 | Posted in |-【人生論】No Comments » 

 

信念

信念は、科学的証明されたものに対しては、使われない。 相対性理論を信じているとは言わない。 科学的には証明できないが、自分の中にある思い。 人生賭して、信じ続けるもの。 それを信念と言う。 科学的に証明されるものが全てで …続きを読む

»信念の続きを読む

2011-04-11 | Posted in |---名言No Comments » 

 

1000年桜のように生きる

毎年30万人を癒やす一本の千年桜 日本三大桜、「三春の滝桜」が見た日本人の嬉しさ http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090324/189892/?rt=noc …続きを読む

»1000年桜のように生きるの続きを読む

2011-04-11 | Posted in |-【人生論】No Comments » 

 

一期一会とは何か

我が師が大切にしている言葉。 一期一会。 その言葉の意味は、頭では分かっていた。今日、この一回限りとの思いで、この出会いを大切にする。 確かにその意味を持つだろう。 最近、さらに深い意味がある様に思えてなりません。 それ …続きを読む

»一期一会とは何かの続きを読む

2011-04-05 | Posted in |-【人生論】2 Comments » 

 

この2週間の結論~本業をやり切る~

あれから2週間。 被災地の為に何ができるかを考えたが、結局寄付くらいしか出来ない。 私よりも直接的に貢献できる人はたくさんいる。 小さな事でも何かできたと思っている自分は被災地を癒しているのではく 結局自分の心を癒してい …続きを読む

»この2週間の結論~本業をやり切る~の続きを読む

2011-03-26 | Posted in |-【人生論】No Comments » 

 

自分をいちばん大切にすると・・・

昨年春に「ヒューマンリソース・エンパワーメント」という講義を受けました。 その時の先生が、まずは自分が一番大切なんだということを毎回言っていました。 久しぶりにブログ記事を色々振り返って、 就職活動の事をまとめた記事を読 …続きを読む

»自分をいちばん大切にすると・・・の続きを読む

2011-02-28 | Posted in |-【人生論】No Comments » 

 

食 × 教育の場

私は今まで三社の全く異なる業界で働いてきました。 ソフトウェアハウス 外食産業 教育業界 ソフトウェアハウスでは、仕事のインフラの力を学んだと思います。 外食で店長を務めての気づき。 そして、 教室で先生を務めての気づき …続きを読む

»食 × 教育の場の続きを読む

2011-02-10 | Posted in |-【人生論】No Comments » 

 

2 / 1112345...10...最後 »