|---店長経験からの学び

A部長との思い出その1 『店は、店長の成長以上に成長しない』

先輩の会社の内定式に参加しながら、新卒〜社会人3年目くらいまでの自分を思い出していました。

やはり自分の原体験は居酒屋での店長経験にある。

店長の私を育ててくれたのはもちろん直属のエリアマネージャーなのだが、
それでもやはり、部長の影響はすごかった。だから部長なのだろうけど。
A部長(後に本部長)から受けた影響は計り知れない。

ワタミでは毎月レポートを提出する。理念について、グループ報の感想、課題図書等結構な量だ。
私は、いずれ教育業界で働きたいという夢を持ってワタミの門を叩いた。

そのことは、レポートを出す度に書いていたので、もちろんA部長も知っていた。
ある日、A部長が私の店にやってきた。その頃私は母店店長といって、新卒の教育店舗の店長を務めていた。

私の新卒への教育振りを確認しに来たのだろう。
そして、控室に呼ばれて、A部長からこう叱咤激励を受けた。

『小泉、お前の夢は教育業界で働くことだったな。人を育てたいんだよな。
人を育てる最高の方法はなにか知っているか?

それはな、上司が成長し続けてその背中を見せることだよ。』

相手に何かを教えよう、伝えようと一生懸命になっていた自分。
その事を指摘してくださったのだろう。

自分の成長し続ける姿を見せる。

こんなに難しい事は無いなと感じたものの、
こんなに当たり前のことも無いと納得した。

店は、店長の成長以上に成長しない。
店長の基準が甘ければ、それが店の基準になる。

店長が成長し続ける店は、店自体が成長し続ける。
周りのメンバーが成長していい店になる。

人は育てるのではない。育つもの。
それは、成長し続ける上司の姿を見て。

教育の極意をA部長から教えてもらった。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

2013-10-26 | Posted in |---店長経験からの学びNo Comments » 
Comment





Comment