|-【仕事論】

問題発見者が問題解決者

問題発見者が問題解決者
前職でこんな言葉がありました。
この言葉は自分の成長を促進する上で大切な言葉でした。
やりたい者がやればいい。
やれる者がやればいい。
しかし、自分の責任の範囲が広がるとなかなかに重い言葉となりました。
それは、人生をお預かりした部下ができたから。
それは、自分の先に多くのお客様ができたから。
それは、所属部署全体の方向性にも関わるから。
場合によっては、自分の責任の範囲外の仕事だと、目を伏せたくなる場面も出てくるし、
割に合わないなど打算的な気持ちにもなってくるのです。
弁証法的な成長を遂げているとするなら、一段上がった、
問題発見者が問題解決者のレベルにステップアップしなければならない。
そこが今の自分の課題だと認識しています。


2012-01-13 | Posted in |-【仕事論】No Comments » 
Comment





Comment