|---田坂 広志

風化させない思い~いかに生きるか-田坂広志~

2011年を振り返る上での必読書

7つの言葉。
意味、共感、働く、企業、志、鎮魂、そして、希望。
「意味」。意味を見いだせたとき次の物語が紡ぎだされる。
「共感」。その本当の意味は、目の前にいる一人の人間の姿が自分の姿のように思えること。
「働く」。傍を楽にすること。
「企業」。本業を通じた社会貢献。
「 志 」。後世へ託する祈り。
「鎮魂」。尊い命を決して無にしないとの覚悟。
「希望」。未来を想い描くために過去を深く省みる。
東日本大震災から9ヶ月。
私たちの生き方も大きく変わったように思います。
しかし、忘れてはいけないのは、この思いを風化させないこと。
その「風化させない」という事の具体的な生き方は、
この7つの言葉に込められている。
そう感じました。
3月23日の講演のスライドで、
希望に関してこのように語られていました。
希望とは
悪しきことがあっても
いつか 良きことが起こる
という意味ではない
希望とは
起きることは
必ず
よきことに結びついている
希望は、やってくるものではなく、
現実を見つめ、受け止め、そこから変えていくという
極めて能動的な行動なのだと思いました。
明るい未来だけを思うあまり、
過去を風化させてはいけない。
3月11日に失われた命を無にしないために、
この出来事を風化させてはいけない。
本業を通じて、永続的な活動をし、後世へと祈りを託す。
私たちの志を風化させてはいけない。
物語を紡ぎ出していくこと。
そのことこそ、風化させずに前に進み続けることなのだと思います。
2012年、どのような物語を紡いでいくのか。
私がいるのは教育業界。
教育業界という分野から
小さなゆらぎを起こし、
本業を通じた社会貢献をすべく、
希望の物語を紡いで行きたいと考えています。
2011年もありがとうございました。
よいお年をお迎えください。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

2011-12-31 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 
Comment





Comment