|---死生観

今日が人生最期の日だとしたら?

この一週間は、ジョブズの事を想いながら
過ごした一週間でした。
2005年スタンフォード大での
「伝説のスピーチ」を毎日のように聴いていました。

彼もまた、死と向き合いながら、
今日という日を生き抜いた人だったのだと、
改めて彼の生き様に共感を覚えました。
ジョブズは言いました。
If today were the last day of my life,
would I want to do what I am about to do today?
自分はジョブズのような天才ではないので、この問いは立てられないし、
立てたとしてもNo続きだろう。
やりたいことばかりをやれる毎日が続いているとは到底思えないし、
毎日、様々な人から影響を受けて生きている。
しかし、この問いならばYesと答えられる。
もし、今日が人生最期の一日だとして、
今日起こる全てのことを受け止める、受け入れる気持ちで生き抜けるか?
毎日、朝鏡の前で問うことはこの問い。そして、寝床で反省する。
ジョブズの言うように、一日を終えるとき、
「今日も素晴らしいことをした」
と、言って眠りにつけたら最高だが、自分が振り返られるのは、
今日も全力で生きたし、起こることを一旦受け止める努力ができた。
と言って床に就くことだ。
ここ最近は、若干うまくいかないことが続き、受け入れられず「なんでだよ!」
と原因を他者や環境のせいにしかけてしまった自分がいて反省しながら眠りについた日々が続いた。
ジョブズのスピーチを聴きながら、まだまだ修行が足りんな^^;と反省する日々。
全てのことには意味がある。答えは自分の中にある。
you can’t connect the dots looking forward;
you can only connect them looking backwards. 
by Steve Jobs
良きことも、悪しきことも、どのような意味があるか、
当事者の時は分からない。
でも、振り返ってみたときに、全てに意味があった。
そう解釈できる日々を送りたい。
改めてそう思いました。
ありがとうございました。


2011-10-14 | Posted in |---死生観No Comments » 
Comment





Comment