|-【読書】

100のアイデアでやっと2つ採用される理由

新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く/アルバート・ラズロ・バラバシ

¥1,995
Amazon.co.jp
ネットワークが自己組織化する過程で、ノードとリンクの関係から、
多数のリンクが集まる、ごくごく少数のハブと
それほどリンクを持たない、大多数のノードに別れる。
自己組織化が進めば進むほど、大多数のノードの存在価値は、
限りなくゼロに近づく。
なるほど。となれば、
アイデアがカタチになったり、
企画が採用されるようになったりするために、
100のアイデアをだして、やっと2つがカタチになる
という感覚もこれで説明できるような気がします。
本編はこちらへ


2011-04-25 | Posted in |-【読書】No Comments » 
Comment





Comment