|-【仕事論】

論理的なプレゼンがある段階から伝わらなくなる理由

企画会議なのどで、ものすごくきれいなパワーポイントを作って、
論理的にはお見事!と言うくらいに精緻に考えられたプレゼンも
時に伝わらないという時がありますね。
「ん~論理的にはそうなんだけどさ。なんか、違うんだよね」
以前、私もそのようなフィードバックを受けたことがあります。
え?なんで?誰も疑いよう無いでしょ?これだけ証拠があるでしょ?
と、思うわけです。
でも、そのプレゼンは、その場に『共感』をもたらしていない。
では、共感の生まれるプレゼントはどういうプレゼンか?
そもそも、共感とは何か?
共感が生まれるとき、実は逆説的なプロセスが起こる。
『私のことを理解して!』
との思いで、共感を得ようと思っても、共感はうまれにくい。
でも、こちらとしては一生懸命だから、なんで伝わらないのか?と悩み、
誰も、自分のこと分かってくれないと落ち込んでしまうのです。
共感を得るためには、あなたのことを知りたい!とか、あなたに共感したい!
という思いが必要で、そのスタンスでプレゼンに入ると、実は相手から共感を
してもらえるという逆説が起こります。
この感覚は、様々な人がお持ちではないでしょうか?
論理的なプレゼンが悪いわけではなく、論理はもちろん必要です。
ただ、論理だけでは駄目だと言いたいのです。
なぜなら、論理的なだけのプレゼンは、先ほど言った、
『私のことを理解して!』
というプレゼンだからです。
これだけのデータがあります。
これだけの証拠があります。
今回のケースにこれらが当てはまります。
ほら、私、よく調べたでしょ?誰も疑いようが無いでしょ?
ね?私のこと理解してくれるでしょ?だから、この企画やらせて!
と、心のなかで叫んでいるのです。
だから、「ん~論理的にはそうなんだけどさぁ」となるわけですね。
ビジネスには、人間の心が作用します。相手の立場や思い、時には精神状態すら考慮して
プレゼンをしないと伝わらない。
伝達とは、伝え達する。
そのプレゼンが、論理的がどうかは、聞き手が決める。
論理に裏打ちされた、共感を生むストーリーを描く。
その事を、プレゼンに乗せる。
その必要性があります。
僕達の目指したい世界ってここじゃないですか?
そういう世界にいく為には、これだけの人が、こんな風に関わって、
時にはこんな困難もありながら、でも、この役割分担で乗り越えていく。
その先には、きっとこの世界が見えてきませんか?
というように、物語として語る。
前述のとおり、最高のストーリーを共感のストーリーとして語ることができたなら、
論理と物語の融合された素晴らしいプレゼンになるはず。
その事を、企画担当者は知っておく必要があります。
ちなみに、私は、部長からよく、
『このプレゼン、美しくない!』
と言われました。
そんなフィードバックあるか?とその頃はよく思いましたが、
今では分かります。
『私を分かって!』というエゴ丸出しのプレゼンで、
誰の共感も得ない。そんなプレゼン確かに美しくないですね。
場に共感を生む、ストーリーを、自分の言葉と覚悟で語れるか?
その力が、企画担当者には必要なのでしょう。


2011-04-02 | Posted in |-【仕事論】No Comments » 
Comment





Comment