|-【就職活動中のあなたへ】

夢しかない時代とは(三年は目の前に没頭せよ)

先週の土曜日に飲み会がありました。
その中に、今年の新卒社員が参加していました。

図らずも、今後の夢を飲み会で話をする事になりました。
それを聞いていた新卒社員が私に言いました。

そういう夢を聞いているととても元気になります。
今は、自分がどうして行くのか見えていないので。と。

彼は24歳。

私が24歳の時も同じ。夢を語っている場合ではなかった。
とにかく目の前の事に集中する事が全てでした。

その頃は、店長として初めてのお店を任され、
右も左もわからないまま、一つのお店の主となり、
とにかくがむしゃらにやらないとどうにもならない日々でした。

休みなどほぼありません。
月末は棚卸、月初は店長会議で寝不足。
夢も何もない状態です。

ただ、夢を捨てているわけでも諦めているわけでもありません。
なんとか、日々の忙しさの中から、夢へ繋がる事は何か?を考えていました。

時には思いました。
教育を志している私。
なんで、刺身を切っているのだろうか?
なんで、洗い物を一生懸命しているのだろうか?
それを言い出したら始まりません。

どんな環境でも、どんな職場でも3年間は修行です。
1年目は、慣れるので精いっぱい
2年目は、あこがれの先輩の真似をしてなんとか乗り切る。
3年目で、やっと自分のスタイルが出来上がる。

まさに、守、破、離です。

社会に出て、いきなり花形の仕事ができることなどありません。
就職活動中の会社説明。

企業は、どのような仕事をしているか?の説明をするでしょう。
その仕事、今はだれがやっているの?

もちろん、ベテラン社員が先頭切っているに決まっていて、
新入社員がすぐできるはずがない。

それを、僕はこの仕事をするために入ったんじゃない。
と、入ってすぐに辞めてしまうのは本当にもったいない。
だまされたと思って、どんな場所だろうと3年一つの所でやってみろ。

そうすれば、必ず社会人としての基本的なスキルは身につくはず。
その覚悟があるならば、
3年間は一旦夢は置いておいて、
(かといって決して見るなとも諦めろとも言っていない)
目の前に没頭すればいい。

夢しかない時代。

って、そういう時代じゃないのか?
そう思います。

私自身も、夢を語りながらも何年も先の事と思っているし、
まさに、夢しかない時代を今走っていると思います。

夢しかない時代とは、
別に夢が無いわけでも、夢をあきらめたわけでもない。

夢を胸に、目の前に没頭する。

その時代ということなのだと思います。

【Pubooで日々是成長をまとめた電子書籍作りました!是非ご覧ください】
詳しい説明記事はこちら
日々是成長~108話のメッセージLite版~/小泉雅大

¥FREE
Puboo
日々是成長~108話のメッセージ~/小泉雅大

¥280
Puboo


Comment





Comment