|-【読書】

ビオトープ

佐々木俊尚さんの
キュレーションの時代を読んでいます。かなり面白いです。
作る人と見いだす人。
ビオトープ。
情報を求める人が存在している場所
生息空間。
小さな生態系群が今後のビジネスの前提となる。
正に、自分の目に見える範囲の人に幸せをもたらす生き方が、各地で起こる。
ビックビジネスという考え方は古くなる。
激しく共感です。
私も、二年前、目に見えなくてもいいからより多くの人に影響を与えたいと思っていました。
しかし、今は目の前の目に見える範囲の人へ光を届けたいと思っています。
一隅を照らす。これ国宝なり。
この生き方が復活する時代になるのでしょうね。


2011-02-22 | Posted in |-【読書】No Comments » 
Comment





Comment