|-【人生論】

声を聞く

私は二度の転職経験を持つ。
決して、すぐのステップUPの為の転職ではない。
ゼロからやり直しのような転職。
前回の転職は、決め切るまでに一年かかった。
その時は、まだここでやり残した事があるのでは?と思い踏み止まった。
一年後は、今この瞬間と思えた。
転職した時は、半年後の部署異動前提だった。しかし、今も同じ部署にいる。
それは、このまま異動してもいいのか?いいはずがないと思ったから。
人生の選択を迫られた時、どちらにしろ苦労がある。
師曰く。
どちらの苦労を歩みたいか?の選択。
ただ、選択した瞬間は本当にこれで良かったのか?自分の夢に通じているのか?との迷いが生じる。
迷いが、自分の力を萎縮させる。
しかし、その選択には何の打算も無い。
その選択もまた、声が聞こえてのものだと思えたなら、景色は変わる。
結局は解釈力。
目の前の今を生き切る事で、
結果として与えられる気づき、
迷いの無い真実がある。
昨日は、何も考えないという事をした。
ゆっくり休んだ。
さぁ、改めて一歩一歩歩もう。


2011-01-27 | Posted in |-【人生論】3 Comments » 

コメント3件

 むぎちゃ | 2011.01.27 11:53

SECRET: 0
PASS:
今、仕事をやめようか考えてます。
課長と話しをし、もう少し頑張れないか?と説得され、今すぐ辞めるのか、もう少し後にするのか、考えていた。
「どちらの苦労を歩みたいのか」
これを見て、辞める決意ができました。
ありがとう。
ありがとう

 小泉 雅大 | 2011.01.27 14:01

SECRET: 0
PASS:
>むぎちゃさん
この言葉が何かのきっかけとなってくれたのならとでも嬉しいです。
もう一つ師の受け売りですが、とても大切にしている言葉があります。
どの選択肢を選ぶかではない。
どの心境で選ぶかである。
心を整えて聞こえてきた声に従えば良い。
道が拓けますように!

 むぎちゃ | 2011.01.27 16:50

SECRET: 0
PASS:
>小泉 雅大さん
涙涙
ありがとう
いつもありがとう…

Comment





Comment