|-【映画】

インビクタス~負けざる者たち~

インビクタス / 負けざる者たち [DVD]/モーガン・フリーマン,マット・デイモン,レレティ・クマロ

¥1,500
Amazon.co.jp
最近、やけに30年という言葉が目につきます。
今日は、インビクタス~負けざる者たち~を観ていました。
ネルソン・マンデラは約30年の投獄生活を経て大統領に就任しました。
大統領になっても、白人に対して報復的措置をせず、積極的に融和政策を
推し進めていきます。
30年間の思いをブラさない彼の姿に感動しました。
劇中で、マットデイモンがその独房を見学に行くシーンがあり、
『こんなところで30年も・・・。』と、感嘆している所が印象的でした。
もう一つは、今読んでいる
禅問答入門 (角川選書)/石井 清純

¥1,575
Amazon.co.jp
を読んでいたところ、
30年というキーワードに当たりました。
大梅山の法常禅師が、馬祖に会い、仏とは何かと尋ねます。
馬祖は、『即心是仏』と答えました。
法常禅師は、その言葉を胸に大梅山に戻り修行をします。
30年後馬祖が、法常禅師の元に門下の僧を遣り質問をさせました。
法常禅師は、もちろん『即心是仏』と答えました。
すると、門下の僧は、「馬祖は今、『非心非仏』と教えている」と伝えます。
法常禅師は、「あの老人はまだ私を惑すか。たとえ非心非仏
であろうとも、私は即心是仏を貫き通す」と伝えます。
門下生が馬祖にその事を報告すると、馬祖は、
「梅の実は熟したぞ」と感嘆したそうです。
結局、答えは人から与えられるものでもなく、
何か特別な方法を実践することで得られるものでもない。
本来的には自分の中に持っているもの。
自らが、現実との格闘という経験を通して掴んだものこそ真実で、
自分のことをどれだけ信じられるかどうかが大切なのだということを
これらのエピソードから感じました。
そして、やはりそう簡単には掴ませていただけない。
30年という年月、現実に晒されながらもブレずに残ったものが
自分の中の真実なのかもしれません。
まさに、修行です。
頭で理解しても、行じ続ける事が難しい。
あきらめずに、行じ続けたい。
そう思っています。


2011-01-23 | Posted in |-【映画】No Comments » 
Comment





Comment