|-【映画】

沈まぬ太陽の魅力はどこだったか

2011年最初の映画DVDは、沈まぬ太陽でした。
いろいろな見どころがあったものの、私は渡辺謙が、自分の悩みの小さに気づいた所がとてもよかった。
真面目に働きながらも、報復人事で海外を転々とさせられる。その不毛な待遇にやるせない気持ちになる。
しかし、御巣鷹山で犠牲になった520人の人々とその遺族に比べたら、自分の境遇など取るに足らない。
そう気がついた渡辺謙が新たな気持ちで海外赴任をする。
そして、ラストのシーン。
とてもよかった。
自分中心で考えると、足りないものだらけ。
しかし、少し視野を広くすればその考えの浅はかさに気がつく。
日常生活をしていても、よくそんな場面に出会う気がします。
私は、昨年靖国神社の資料館で神風特攻隊の20代そこそこの若者の出発前夜の魂の手記を見た時、まさにその感覚に襲われました。
なんて、ちっぽけな悩みだ。
生きよう!とね。


2011-01-08 | Posted in |-【映画】No Comments » 
Comment





Comment