|-【成長し続けるための77の言葉】

『成長し続けるための77の言葉』 第11の言葉

では、「智恵」を摑むには、どうすればよいのか。 
「智恵」とは、「経験」と「人間」を通じてしか、摑めないもの。
 『成長し続けるための77の言葉』 より
私は、まさにこの言葉を地で行っていました。
今でこそ、年間に100冊前後の読書をしますが、
社会人になるまで、ほとんど本など読みませんでした。
じっとしていることが苦手で、本を読んだり、映画を見るくらいなら、
人と話したほうがよっぽど為になると思っていました。
大学時代は、塾講師のアルバイトの他に、
イベントの派遣のアルバイトをしました。
毎回毎回働く場所が変わり、働いている人たちのバックグラウンドも様々でした。
ですから、人から学ぶという意味ではとてもよい環境でした。
サークルも、全国規模のサークルでしたのでゴールデンウィークや秋の文化祭期間は、
全国の大学の人たちとディスカッションをする機会に恵まれ、とても刺激的でした。
社会人になり、先輩からこのように言われました。
「経験に裏打ちされた言葉だから深さがあるが、
それだけなので、広がりが無い。読書したほうがよい。」
確かにそうだと思い、社会人である以上広い知識は必要だと痛感して、
読書をするようになりました。
ですから、私の読書法としては、
自分の経験と著者の意見を重ね合わせるような読み方が多いです。
最初は点だったものが、だんだんと線になりなり、面になるという経験をしたのは、
100冊読み終わったあたりです。
読書だけでは、知恵はつかめません。
経験した事しか人は腹落ちしません。
しかし、経験したことだけでも広がりがないので、
バランスが大切なのだと感じています。


Comment





Comment