|---企画力

企画に携わる人の仕事の仕方~ツイッター~

Sat, Aug 21

08:40 なぜコンセプトづくりに時間をかけるのか?その企画の共通言語となるから。企画は企画者の手を離れて一人歩きする。だから、意味のぶれないコンセプトデザインに一番時間をかける。そして、図を使う事が皆のイメージを統一する助けとなる。最近の企画会議での実感。

08:50 僕は企画屋ではありません。僕は妄想家ですf^_^;)

09:01 企画に携わる人に読んでもらいたい本①田坂 広志 (文庫 – Sep 1, 2009) の ‘企画力 (PHP文庫)’ を Amazon でチェック! http://amzn.to/c3l1Bj

09:02 企画に携わる人に読んでもらいたい本②平野 日出木 (単行本 – Mar 2006) の ‘「物語力」で人を動かせ!―ビジネスを必ず成功に導く画期的な手法’ を Amazon でチェック! http://amzn.to/btldvq

09:04 企画に携わる人に読んでもらいたい本③久恒 啓一 (文庫 – Oct 2005) の ‘図で考える人は仕事ができる (日経ビジネス人文庫)’ を Amazon でチェック! http://amzn.to/d47JQI

09:05 企画に携わる人がやること。お笑い番組を見る。妄想する。料理を作る。週に一度は、自分の意見を文章に原稿用紙3枚程度にまとめる。

18:36 その志を何世代も先に伝えて行きたいですねRT @masason みんなの夢をかなえたいという想いが「志」。RT @sigeponpon ひとりで見る夢はただの夢、みんなで見る夢は現実になる ~オノヨーコ #softbank #followmejp [in reply to masason]

Powered by twtr2src <http://twtr2src.ogaoga.org/users/koikoi5151
>

Sun, Aug 22
07:37 企画に携わる人の仕事の仕方。『たたき』と『べた書き』仕事は65%くらいで一度現実にさらす。それ以上一人で唸ってても、掛けた時間に対する成果の精度が小さくなる。これ、たたき。そして、プレゼンは自分のセリフを紙に書く。一言一句。そして暗記するくらい練習する。これ、べた書き。

07:44 企画に携わる人の仕事の仕方。頼まれた最新の仕事から片付けていく。例えば、昨日頼まれた仕事より、今日頼まれた仕事を優先する。一日たってもなんも言われない仕事は今時点の緊急度は低い。与えられてすぐにこなすと信頼を得る事ができるし、仕事が早いと評価もされる。そして、新たな仕事が舞い込む

07:50 企画に携わる人の仕事の仕方。ある程度考えたコンセプトは一旦寝かす。忘れるくらいがいい。まったく関係ない事と突然繋がったりする。人間の持つ抽象思考力の賜物ですね。ひらめきはギフトだ。だからこそ普段からいろいろな事にアンテナ巡らせておく必要がありますね。

07:54 企画に携わる人の仕事の仕方。SCAMPERって知ってる?http://bit.ly/bfTdoA

08:08 代替案なき批判は最悪だと思っています。まずは、なぜ今そうしているのかを受け入れてみる。意図や背景を思考する。それでもなお、改善した方が良ければ改善する事の正当性を示しながら提案しなければならない。いらないか、無駄だから、間違ってると思うから。それだけなら理由になってないですね。

08:12 『お客様は来ないから始めよう』それが店長時代に大切にしている事の一つでした。どんなに小さな店でも、黙っててもお客様がくる大型店の店長になっても、一人のお客様から始まるの精神を忘れては、大切な事を見失ってしまう。そう、思っていました。

08:16 本日僕らが作る20回目のチャンポン麺焼きそばは、本日初めてうちのお店に足を運んで下さったお客様の最初の一品かもしれない。一品一品、手を抜いちゃいけない。簡単な商品、何度も作ってる商品だからといって慣れてはいけない。その気持ちは必ずお客様に伝わる。

18:37 届きました!今から早速読み始めます!田坂 広志 (単行本 – Aug 19, 2010) の ‘忘れられた叡智’ を Amazon でチェック! http://amzn.to/arDDSO

Powered by twtr2src <http://twtr2src.ogaoga.org/users/koikoi5151
>


2010-08-23 | Posted in |---企画力No Comments » 
Comment





Comment