|-【映画】

ベンジャミン

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]/ブラッド・ピット,ケイト・ブランシェット,タラジ・P・ヘンソン
¥1,500
Amazon.co.jp

生まれた時は老人。

だんだん若返って、また赤ん坊になって人生の最期を迎える。

周りは年をとり、自分だけ若返る。

周りの愛する人たちは、次々この世を去っていく。

やっと手に入れた幸せも、自分が若返っていく中で、

記憶もなくなっていくことが分かっていたから、

自らその幸せを手放す。

幸せってなんだろうな?って思いますよね。

自分の周りの環境のどの一部を取り除いても

今の自分はいないという事。

あの時、もし一秒でも判断がずれていたら、

まったく違った結果になってしまう。

自分の死に際に、お迎えが来たからと言って

諦める。

その諦め、というのは決してネガティブな諦めではない。

「受け入れる」という事にも似た気持ちだろう。

割り切ると受け入れるは違うなと改めて思う。

割り切るのは、心を楽にすること。

受け入れるとは、目の前にある矛盾を内包したまま

自分の中に取り込むことで、決して楽にはなっていない。

いろいろなメッセージが読み取れるこの作品。

このタイミングで見てよかった。

本当は今日、インビクタスを見に行く予定だったが、

家でこのDVDを見た。

これも一つの選択であり、

意味があってこのDVDを見たのだろう。

この選択に感謝したい。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

2010-03-15 | Posted in |-【映画】No Comments » 
Comment





Comment