|-【語録】

自立と孤立

 『自立』は、『依存』の上に成り立つ。
 ある期間は徹底的に依存するからこそ、自立の芽が出る。
 依存の経験なく、依存してはならないと思い、

 自立しようと頑張る時、それは『自立』ではなく『孤立』となる。

 一方の極に触れると、反対の極へ突き抜けていくと言うが、まさにこのことにも当てはまるのか。
 自立するために依存が必要。
 人生の逆説をまたここに見る。
 かと言って依存しすぎて溺れてもいけない。
 何事にも絶妙なバランス感覚が必要ですね。
 親子関係の場合、親が子供から離れられない事のほうが大きいらしい。
 子供は、甘えたら勝手に離れていくらしい。
 確かにそうかもしれない。
 依存するからこそ、自分はいろいろな人の支えによって生きてきたんだ

 ということに気づき、自立しようと考えるようになる。
 外国は、自立しているからこそ家族間の関係が逆に深いらしい。

 離れて暮らしても定期的に電話をしたり、プレゼントを贈ったり。
 確かに、日本のほうがこういった時希薄になる気がしますね。
 

 依存することはいけない事ではない。ただ、溺れてしまってはだめ。

 自立は、依存の上に成り立つ。

 依存なく、自立しようとすると孤立してしまう。

 救われる言葉です。

 


2010-02-22 | Posted in |-【語録】No Comments » 
Comment





Comment