|-【読書】

タテ社会の人間関係~単一社会の理論~

タテ社会の人間関係―単一社会の理論 (講談社現代新書 105)/中根 千枝
¥735
Amazon.co.jp

つぶやき

タテ社会の人間関係読了。論理よりも感情が優先される社会の根源は、17条の憲法なんじゃないかなぁ~と思えてなりません。


日本で転職がうまくいかない理由がよくわかったわ。


ルールを設定しなくても何とかなれた理由はなんなんだろう?単一社会だからか?島国で同じ民族で住んでるから何となくわかっちゃうのか?


日本人は、相手の感情を包み込む術を身につけているのだろうか。


日本のリーダーに求められるのは、決断力よりも、調整能力なのかもしれないな。


タテへの開放があるから、登れない人は人生の敗者という絶望に陥る。カースト制のあるインドは、自分のカースト以上の階級への開放が無いから、敗者という気持ちにはならない。なんともなんとも。


一つの集団、一つの君主にしかつかないなんて、保身上最悪だと日本以外の国は考える。日本は、自分の所属する集団に人生預けちゃうんだろうなぁ。




2010-02-15 | Posted in |-【読書】No Comments » 
Comment





Comment