|-【108話のメッセージ】, 死生観、使命感、人生観

第百四話 「絶対なんて無い」ということも絶対無い

そんなこと、考えたこともなかった。

絶対なんて無い。と、強く思った17歳。

永遠、絶対、ずっと、そんな言葉信じられなくなった。

絶対なんて無いという事に、『だからこそ今を』
という言葉をつける事が出来るようになった21歳。

絶対なんて無いけど、
今を大切にするその積み重ねが、絶対とか永遠に
繋がっていくんだ。

そう思えるようになった。

でも、それは、そう自分に言い聞かせていたのかもしれない。

僕はどこか、客観的に物事を見ていて、
今を大切にしようと言いながら、
でもやっぱり最終的には絶対なんて無いものだ
って思っていたのかもしれない。
そして、31歳。
絶対なんて無いという事が正しいのであれば、

「その絶対なんて無いという事も絶対に無い」

という矛盾が成り立つ事に気づかされた。
今の僕にとって、とてもとても大切な人が
そう教えてくれた。

今までの記憶が、
一瞬にして甦って、

脳みそ君がパニックを起こして、
一生懸命一生懸命、
よみがえった記憶を整理しようとして、
後から、後から熱いものが溢れてきた。
そっかぁ。

絶対ってあるって信じていいんだね。


コメント2件

 rai-growingup | 2009.10.22 1:50

SECRET: 0
PASS:
いつも読ませていただいてます。
私も学生時代に付き合っていた人とずっと一緒にいようと言っていてそう信じていたんですが、一緒にいられなくなって、ずっとなんてない、人の気持ちはわかるものだと思っていました。
今、付き合っている彼にずっと一緒にいようと言われるとうれしいのに、心のどこかで、ずっとなんてどうなるかわからない…と不安な気持ちになっていました。
でも日記を読ませていただいて、なんだかすごく心が軽くなりました。一歩踏み出せそうな気がします。ありがとうございます☆

 小泉 雅大 | 2009.10.22 8:25

SECRET: 0
PASS:
>rai-growingupさん
コメントありがとうございます。
いつも読んでいただいてありがとうございます(*^▽^*)
この事を言われたときは、とても衝撃的でした。そうだよね、まだ起きていないことに不安になっても仕方なくて、どうせなら、期待するだけしたらいいじゃんって思いました。
素敵な一歩を踏み出せるきっかけとなったのなら幸いです☆-( ^-゚)v

Comment





Comment