|-【108話のメッセージ】, これからの課題

第九十八話 論理的思考力から感覚的直観力へ

我々は言葉にて語り得るものを語りつくしたとき、
言葉にて語り得ないものを、知ることがあるだろう。
~ウィトゲンシュタイン~

20代、特に学生時代は、論理的思考能力こそプレゼンテーションに必要な能力だと思って、
「論理的思考能力」とか「ロジカルシンキング」というキーワードがある本は片っ端から読み漁りました。

サークルでも、ESSという英語サークルでディスカッションセクションに入り、
ロジックの三角形、CCF、NLCといったプレゼンテーションスキルを実践にて磨きました。

社会人になり、何年かたつに従って、「あれ?」と思う場面が出てきました。
言っている事は絶対に正しい。

論理的にも穴はない。

なのに伝わらない。
言っていることは正しいのに、首を立てに振ってくれない。

協力してくれない。
なぜだろう?
結局、論理的な思考力だけでは片手落ちだという事に気付きました。

伝達する。

相手に、伝え、達する。
こちらから一方的に伝えるだけではダメで、
達しなければならない。

相手の立場に立って、

相手の言葉を使って、

共感、共鳴しあう中で物事は進んでいくという事がわかりました。
人間だから、感覚、感情の世界を無視できないのです。

こんな事も起こりだしました。

空気が重い。昨日何かあったのだろうか?
自分が休んだ次の日に、店に入ると、こんな事を思うときがあります。

そして、メンバーに聞いてみると、

「昨日喧嘩がありました。」

「昨日予想以上に忙しくてなかなか仕事が終わりませんでした」

なるほどな。と思うわけです。

この感覚を言葉でいい表せるか?というと、無理です。
完全に肌感覚の世界。

直観の世界です。
論理的思考力を身に付けるだけでは達し得ない世界です。

では、論理的思考力は必要ないか?というと
そうでは、ありません。

論理的に考えて考えて、悩んで、脳みそに汗かいて、
行動し続けた結果として、直観の世界に突き抜けていくと思うのです。

あれ?データ上、こうなっていくはずなんだけどどうしてだ?
論理的にこうにしかならないはず!
なんでだ?なんでだ?

こうやって、自分の中の仮説を現実にさらす中で、
感覚が磨がれていきます。

自分の中に仮説が無ければ、行き当たりばったりなので、
結局感覚は磨がれていきません。

だからこそ、直観力を身に付けたければ、
論理的に考える事を徹底的に行う事が実は近道なのです。

そして、いつか突き抜ける瞬間が出てきます。

世界最強の武器を持った二人が争う時、
その二人の勝敗を分けるのは精神的な世界です。

武器は模倣する事ができる。

論理的であるということは、
同じく誰がやってもそうなるというものです。

しかし、精神的な世界は真似できません。
そこには個性が働きます。

一人ひとりがその日の体調やその人の今までの経験、
視点によって待ったく別の判断を下すでしょう。

それが、直観の世界だと思います。

だからこそ、まずは世界最強の武器を身に付ける。
そして、精神の世界で戦えるようにする。

それが、私が30代で行いたい事の三つ目です。

 


Comment





Comment