|-【108話のメッセージ】, 視点の転換

第九十一話 時間は未来から過去へ流れる 

時間は、過去から未来に流れる。

これが、一般的な考え方。

現在の自分は、過去の行動の結果である。

そう捉える人が多い。

今、こうであるのは、過去にこうしたおかげだ。

もしも、あの時、こうしていたら今はこうであったに違いない。

でも、それは現在から過去を評価しているにすぎません。

別の事をしていても、そうなれたかもしれないし、

あの時、そうしていてもそうなれなかったかもしれない。

過去の事実は一つでも、その時の自分の状況によって解釈を変えているだけにすぎない。

未来は、過去の結果の延長線上にあるのではない。

そんな制限された未来はつまらない。

未来にどうありたいかを自分の意思をこめて設定する。

その未来から見て、現在の解釈を変える。

将来の自分はこうなるから、今の自分はこれをしているのだ。

未来に原因があって、現在に結果がある。

現在が原因で、未来に結果をもたらすのではない。

だから設定しよう。自分のなりたい姿を。

過去の結果、過去の自分にとらわれず、

本当になりたい姿を設定する。

そして、ドリームキラーから自分の身を守り、

なりたい自分に向って行動できる体制を作る。

時間は未来から過去へ流れていく。

このパラダイム転換ができた時、

過去に縛られない自分になることができる。

超「時間脳」で人生を10倍にする/苫米地 英人
¥1,300
Amazon.co.jp

Comment





Comment