|-【108話のメッセージ】, 死生観、使命感、人生観

第五十話 僕たちは天に試されている

菜根譚からの抜粋です。

天、我に薄くするに福を以ってせば、
吾、吾が徳を厚くして以ってこれを迎えん。

天、我に労するに形を以ってせば、
吾、吾が心を逸にして以ってこれを補わん。

天、我を扼するに遇を以ってせば、
吾、吾が道を亨(とお)らしめて以ってこれを通ぜしめん。

天且つ我を奈何せん。

~意味~

天が冷遇して幸福を授けてくれなければ、
己の徳を磨いてその逆境を耐え抜く

天が苦役を課して肉体を苦しめるならば、
己の心を楽にして苦痛を癒す。

天が苦境に突き落として行く手を阻むならば、
己の信ずる道を最後まで全うする。

このことができるならば、天と言えども、どうしようもない。

天が、どんな試練を与えてこようとも、
自分の信念を貫いていけば、天もどうしようもなくなる。

常に自分が試されているのだと思います。

確かに、今目の前でいろいろな問題が起こって苦しいなぁと思いますが、
これも全て天から与えられている試練。

これが乗り越えられなくては、より志し高い事には到達できない。
そんな気持ちで、現実との格闘を続けます。

ありがとう、菜根譚


Comment





Comment