|-【108話のメッセージ】, 誰かの為に生きる

第二十四話 「情けは人のためにあらず」の真意

情けは人のためにあらず

この言葉、

情けをかけることは、人のためにならないからしないほうがいい。

そんな意味だと思っていました。

そう思っていた人多いんじゃないかと思います。

 これは、情けをかけるのは、人のためではなく、廻りまわって自分のところに返ってくるものだ。

 という意味が本当の意味。

 誰かの為に生きるという事は、自分の為に生きるということでもあるんですね。

 


Comment





Comment