|-【108話のメッセージ】, 自分を磨く

第九話 ライバルは昨日の自分

努力したかどうかは、他人が決める。

成長したかどうかは、自分が一番よくわかる。

常に、昨日の自分を超える自分でいよう。

他人と自分を比較するのはナンセンス。

生まれも、育った環境も違う人を、

他人が決めた、比較定規で比べても意味がない。

そのものさしは、誰かが何かの理由で都合がいいように作ったものさしにすぎない。

人には必ず個性がある。

自分の個性に焦点を当てて、自分の個性を伸ばしていく。

常に、昨日の自分を越えていく。

一日ひとつでよい。

一日一歩でよい。

昨日よりも成長できたと、胸を張って、笑顔で、気持ちよく床に就きたい。


Comment





Comment