|-【人生論】

心の持ちよう

久しぶりに菜根譚より
 歳月は本長し、而して忙しき者自ら促す。
 天地は本寛し、而して鄙しき者自ら隘くす。
 風花雪月は本閒なり、而して労攘の者自ら冗しくす。
 
 歳月はもともと長いものだ。ところが、忙しい人間はそれを自分から短くしている。
 天地はもともと広いものだ。ところが、志の低い人間はそれを自分から狭くしている。
 四季の風情はもともとのどかなものだ。ところが、あくせくした人間はそれさえもうるさがっている。
 自分の気持ちに余裕をもって日々過ごしたいものですね。


2008-10-07 | Posted in |-【人生論】No Comments » 
Comment





Comment