|-【人生論】

『正』という字

『大学』を読みました。
 その中に「至善に止まる」という言葉があります。
 天のルールを『天道』
 地のルールを『理』
 人のルールを『義』
 といいます。これらのルールは不変のルールであって、人によって変わるものではありません。
 自分の判断基準は、相対的なもの。つまり、自分都合のものが多いですよね。
 腐敗と発酵。
 人間の体によいものを、発酵と呼び、
 人間の体に悪いものは、腐敗と呼び、
 しかし、その本質は何も変わらないそうです。
 戦争時は人殺しは英雄となり、
 平和の時の人殺しは、犯罪となります。
 このように、人が決めているルールや価値観は、相対的なものが多い。
 その中で、至善というのは、ただひとつ絶対的なものだそうです。
 ただ一つに止まる。
 それを、「正」と言うのだそうです。
 ほぉ~
 なるほどなぁ~
 やはり、生きていく中で原理原則は常に意識したいものです。
 好き、嫌いで判断するのではなく、
 善悪で判断せよ。
 そして、善悪で判断するのではなく、
 自分らしさで判断せよ。
 この「らしさ」を、究極、至善のレベルにもって行きたいですね。
 
 『香りある人生』とは、
 まさに至善に止まる人の生き方のことをいうのではないかなと思います。
 ノブレス・オブリージュ
 『高貴なる者の持つ使命。』この言葉をひっくり返します。
 ⇒ 使命感を持つものの、その高貴さ
 香りある人生、至善に止まる、繋がって来ました。


2008-10-05 | Posted in |-【人生論】No Comments » 
Comment





Comment