|-【読書】

65点を目指す

このことは、新入社員の時に口すっぱく言われた事でした。
自分が100点と思って出してくる成果物は、100点であることは少なく、大きなやり直し(戻り)をしなければならないし、
成果物を出すまでに途中経過を報告しなければ、上司は大丈夫か?と不安になります。
65点でもいいから、もっていく。
そうすると、上司は自分がどこが分かっていて、どこが分かっていないかを把握でき、そのことに対してフィードバックができます。
そして、進捗を確認しながら、徐々に100点の成果物に仕上げていく事が仕事をうまく進めていくコツだといわれました。
確かに、完ぺき主義者になって、あぁでもないこうでもないと時間ばかりかけて、あげくの果てには、要求されたものと全く違った成果物になってしまっては、100点と思っていたものが、0点に一気に下がってしまうわけですよね。
自分が上司という立場になって、先輩が言っていた、とにかく分かっている範囲で、提出してくる事の大切さというものを改めて知りました。
完ぺき主義者にならずに、65点で持っていって、そこから、段階を経て精度を高めていく。
これが大切ですね。


2008-08-01 | Posted in |-【読書】No Comments » 
Comment





Comment