|-【読書】

フェルミ推定を仕事に活かす

フェルミ推定の記事が一番アクセス数があります。流行だからですかね?


以前の記事をリライトして、実際に私が仕事において使った例を紹介してみます。



外食店長時代、敵情視察する時はこんな考え方をしました。



①お店の席数を見て、その店の月間の売上を推測する。


必要な情報は、


お店の席数


満席率


席の回転率


そして、客単価。


席数 × 満席率 × 席の回転率 で一日の客数を予測します。


平日と週末の売上に格差がありそうなときは、その事も考慮して、一か月分の客数を出します。


そして、最後に客単価をかければ、そのお店の月商が分かります。



②働いている従業員の数を見て、割り出すという方法もあります。


ピーク時に何人ホールがいるか、キッチンメンバーがいるか、で大体のその日の総仕事時間数を概算します。


それに、時給をかけます。


人件費率が何パーセントか当たりをつけて、割り返せば、一日の売上が出ます。


それを平日と週末の売上差の事も考慮して足し算すれば、月間の売上が出ます。



③塾の教室を見て生徒数はどれくらいだろう?と考えた事がありました。


要領は同じです。


席数、満席率、回転率を各々の教室の使用頻度ごとに考慮します。そうすると、月間の利用者数がでます。


子供一人当たり、週何回来るか?を週三回として月間12回で計算。


利用者数を利用回数で割れば、生徒の数が出ます。


その時、僕が塾長にこれくらいですか?と聞いたら誤差は20人でした^^)

ついでに現在自分がやっている新規事業に当てはめて見ましょう。


月間10000時間の稼働数が必要な時、面接の応募者は何人必要か?と問われた時に、


一人当たりの月間稼働時間数を仮置きします。


それで割り返すと、月間の必要稼動人数がでます。


その稼働者は、面接において合格した人の何%か?を考えます。


そうすると、合格者の数が出ます。


合格者の数は、面接に参加したうちの何%か?を考えます。


そうすると、参加者がでます。最後に、応募者は、参加者のうちの何%か?を考えます。


すると、応募者が出ます。


ちなみに、一人応募者を獲得するのに、いくらの募集費が必要かを仮置きすれば募集費も出ます。


この数字を置くとどんな事ができるか?


数字が達成しなかった時に、


その原因は?


応募が集まらなかったからなのか?


参加率が低かったのか?


合格率が低かったのか?


稼働率が低かったのか?


というところに着眼され、


応募が集まらなければ、


募集広告の内容は魅力的だったのか?とか


募集広告を載せる媒体は適正であったか?という検証がされます。


参加率が低ければ、


面接の日程は十分か?場所は来やすいか?時間帯は?という事が検証されます。


合格率が低ければ、


人を選んでいないか?広告と仕事内容にミスマッチはないか?ということが検証されます。


稼働率が低ければ、


ちゃんと導入フォローができているか?ということが検証されます。


どこの数字にも仮説を持たないといけないということですね~

特に新規事業は、答えのない戦いが多いです。


だからこそ、仮説思考力が大切になります。


前年のデータがないとか、情報が無いと前に進めない。と言っているようでは何も始まらないのです。

だからこそ、あるべき姿から考えたり、似た様な状況から結論を考えたりしながら動いていく訳です。

ビジネスマンとしてとても必要な能力です。



2008-07-29 | Posted in |-【読書】No Comments » 
Comment





Comment