|---田坂 広志

「風の便り」第93便 「言葉」がもたらすもの

 昔、幼稚園を訪問したとき、
 そこで耳にした、無邪気な会話を思い出します。
 先生が、園児の一人、オサム君を誉めました。
  オサム君は、本当に、良い子ね。
 そのとき、嬉しそうなオサム君の横にいた
 ノリコちゃんが、悲しそうに、聞きました。
  じゃあ、ノリコは、悪い子なの。
 この無邪気な会話を思い出すとき、
 「言葉」というものの本質に、そして、その怖さに
 気がつきます。
  「世界の分節化」
 「言葉」は、それを語った瞬間に、
 本来一つであった世界に「境界」を持ち込み、
 その世界を二つに「分節化」してしまうのです。
 そして、我々の心は、いつも、
 その「境界」において、
 葛藤を生み出し、苦しみを味わうのです。
  では、なぜ、我々に「言葉」が与えられたのか。
 そのことを考えるとき、我々は、
 人間の心の成長の
 不思議なプロセスに気づくのかもしれません。

【感想】

私が生涯かけて行いたい事は、

「青空」という「言葉」を伝えることです。

言葉は、物事を捉えやすくするために人間が考えた
道具です。

しかし、言葉は100%その事象を表すことが出来ません。

「青空」と私が発した時に、

私と同じ青空をイメージできる人はいません。

雲ひとつ無い青空なのか?

青の色合いはどうか?

どの土地から見えるものか?

これらを100%私と同じイメージを出来る人はいません。

それが、言葉の限界です。

ある事象から、それらを言葉を使って取り出した時に、
捉えられないものがあります。

しかし、ではそれを語れない事をあきらめてしまうのか?

それは違います。

言葉しか私達には物事を伝える道具はありません。

その言葉の限界を受け止めて尚、自分の思いを100%伝えようと
努力する中に、葛藤や苦しみがあり、

成長があるのだと思います。

そして、100%の気持ちが相手に伝わった時に、

その言葉は、

「その人の言葉、その人なりの言葉」

と定義付けられるのだと思っています。

自分の言葉を持つ。

自分の言葉で語る。

生涯大切にしていきたい事です。

ありがとうございました。


2008-06-01 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 
Comment





Comment