|-【読書】

順逆一視

幸せも不幸も同じ事だとみなす。

デカルトは、世の中を二元論という形で捉えた。

でも、物事を二つの世界で区切る事自体ナンセンスなのかもしれない。

所詮、相対的なもの。

幸せと思うか、不幸と思うかも相対的な価値観であって、全てを包括して捉える事が本当の捉え方。

自分の不幸は、違う世界では取るにな足りないこと。

そう考えると、

全ての価値観は相対的なものと思えるのでは?


2008-03-26 | Posted in |-【読書】No Comments » 
Comment





Comment