|---田坂 広志

未来は予測する事はできない。ただ、未来は予見する事ができる。

予測と予見は違う。

田坂先生はこんな例で教えてくれた。

砂場で砂山を作る。

頂上からジョウロで水を流す。

その、水の流れがどのようになるか予測する事はできない。

しかし、ある理に従えば、私達は、その道筋を予見する事はできる。それは、

水は、高きから低きに流れる。

予測と予見の違いはここ。

詳しくどのようになるかという「測る」と言う事はできない。

しかし、世の中の理を理解し、

どのような方向に進んでいくかを見る事はできる。

そのものの見方を、

「大局観」

と呼ぶ。

この大局観。

身に付けるには、やはりそれなりの現実との格闘が必要なのだと思う。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

2008-03-26 | Posted in |---田坂 広志No Comments » 
Comment





Comment