|-【読書】

パーソナル・コンピューター発明の父の言葉

未来を「予測」する最良の方法は、


未来を「発明」する事である。


アラン・ケイ


今後ますます、予測不可能な時代となる未来。


であるならば、その未来を自分が創造していくことが大切。


つまりは、自分の語るビジョンに対して、とことんやり抜き、


その語るビジョンに、仲間が共鳴し、取引先が共鳴し、顧客が共鳴してくれた時、


未来予測ではなく、未来創造の域に達するのでしょう。


経営者というのはなんともしびれる仕事なのだろうか。


2008-03-21 | Posted in |-【読書】No Comments » 
Comment





Comment