|-【読書】

要素還元法の限界

ある全体を細かい


「部分」


に分けて、分析しその部分の分析結果を


「総合」


して全体を把握する。


そのやり方には、限界がある。


全体を分割した時に、部分と部分を繋いでいる


「大切な何か」


が失われてしまう。


確かにそうです。


以前にある先生とあった時にこんな事をおっしゃられていました。


一つ一つの、対策は正解。


だけど、それで全体を見ると不正解になる。


何の事だか全く意味が分かりませんでした。


でも、やっと分かりました。


田坂先生はこんな事をおっしゃっています。


フナを解剖する。


様々な臓器に分けて、その臓器の勉強する。


解剖後に、どんなに上手にその臓器を縫い合わせても、そのフナは二度と生命を戻す事はない。


分割すると大切な何かが失われてしまう。


売上が上がらない。


仕入れ、生産、営業、販売に業務を切り分けて分析する。


仕入れが、もっと安く仕入れないから悪いんだ、


生産がいい商品を作らないから悪いんだ、


営業が顧客に魅力的に説明できないのが悪いんだ、


販売体制が崩れてきたから悪いんだ、


これらの個々に、対策を打ったとしても、全体としては正解ではないかもしれない。



安く仕入れるために品質を落とそう!○


いい商品を作るために質の高い部品を使おう!○


営業研修を行うために外部のコンサルタントを雇おう!○


販売体制を強化するために人員補強をしよう!○


個々の対策はいいのかもしれない。


でも、全体でこれを判断するとなんともばらばらになる。


これが要素還元分析の限界なのだろう。


全体性、大局観、有機的な繋がり。


こういったものを重視していかないと組織として成り立たない。


私達は、組織のあり方について、パラダイムシフトをしていかなければならない。


なぜマネジメントが壁に突き当たるのか―成長するマネジャー12の心得/田坂 広志
¥1,680
Amazon.co.jp

2008-03-18 | Posted in |-【読書】No Comments » 
Comment





Comment