|-【読書】

言霊~現実との格闘~

なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか 人間の出会いが生み出す「最高のアート」/田坂 広志
¥1,470
Amazon.co.jp

青空を伝える

http://ameblo.jp/koikoi5151/entry-10073759739.html

の所で書いたのですが、

言葉は多義的です。

「青空」

という単純な言葉であっても、一つの意味にはなりえません。

その「青空」を表現し、一意の言葉とできる時、

人はそれを、

「その人の言葉、その人なりの言葉」

と言うと思っています。

同じ言葉を語っても、重みのあるひとと、軽いなと思う人がいます。

その違いは何だろう?と思った時に、それは、

「経験だ」

と私は思っていました。

そして、この本を読んで、その考えがより深まりました。

経験は経験でも、

「現実との格闘」

という経験なのだと思いました。

つらい事を乗り越える。

苦しい事を乗り越える。

そんな時ほど人は成長をします。

人と心と心でぶつかり合ってこそ、自分の心がより成長します。

そういった、現実との格闘、逃げたいと思う弱い心に打ち克った時に、言葉に重みが出るのだろうなと思いました。


2008-03-15 | Posted in |-【読書】No Comments » 
Comment





Comment