|-【語録】

論理思考を突き抜けた先

我々は、言葉にて語りえるものを語りつくした時、

言葉にて語りえぬものを知る事があるだろう。

西洋の哲学者ヴィトゲンシュタインの言葉

今年の初めに、「感性を磨く事」をテーマとしました。

それは、デジタルの世界の先にはアナログの世界があり、

これからのビジネスは、デジタル、つまり、論理的、合理的、定量的な世界での戦いではなく、

直感、勘、といった所の戦いになると思ったからです。

そんな折、田坂先生の本に出会いました。

大学時代にも学びましたが、田坂先生は、このアナログな世界の事を、

「暗黙知」

として紹介しています。

言葉では語り得ぬ世界がある。

でも、その世界にこそ本当に大切なものがある。

その世界が暗黙知の世界です。

感性は、完成を磨くための行動をすればよいかというと実は違う。

論理を追求する中で、それを突き抜けた所で感性が磨かれていく。

と、田坂先生は教えてくれます。

言葉で語りつくした先に、言葉で語りつくせぬものを見ることができる。

なるほど、そんな境地に自分も近づいていきたいと思います。


2008-03-03 | Posted in |-【語録】No Comments » 
Comment





Comment