|-【読書】

何を身に付けるべきかVS何を行えば身につくか

なぜマネジメントが壁に突き当たるのか―成長するマネジャー12の心得/田坂 広志
¥1,680
Amazon.co.jp

成功法や成功法則など、万人に当てはまる成功の仕方というのは無くて、成功するには人それぞれやり方がある。

確かにその通りです。

ベストセラーの成功本がこれだけ世の中にあるのに、成功している人が少ないのは、まさに成功者のノウハウをそのまま真似した所で、成功できるわけではないという事をあらわしています。

教育もそうだと思います。

何を身に付けるべきか?

を教えるので無く、

何を行えば身につくのか?

という事を本人に伝えられるようにしないといけないのだと思います。

人の気持ちが分かる為に、接客を身に付けるべきだと言って店長の接客方法をメンバーに教えた所でその子のよさは発揮できない。

それよりも、お客様に怖がらずに話しかけてみなと話しかけさせる。

どんな反応だったか?

どんな言葉をかければよかったか?

どうすればもっと相手の事を思いやれるだろうか?

という事をその経験を通じて教え、フィードバックしてあげていく方が彼らの中で自分の接客スタイルというのが出来上がっていく。

なるほどなと思います。


2008-02-23 | Posted in |-【読書】No Comments » 
Comment





Comment