|-【読書】

レバレッジ勉強法

 今一生懸命、英語のリスニングの勉強をしています。
 「英語徹底耳錬!」という教材を使っています。

英語 徹底耳練!/外池 滋生
¥1,680
Amazon.co.jp

 以前、ブログで書いたんですが、人間は、
 
 情報を記憶しても
 20分後に約42%
 1時間後に56%
 9時間後に64%
 6日後には76%
 を忘れてしまうそうです。
 という事実と、記憶するには「同じような」情報が脳を通り過ぎる事が重要という事を念頭において、
 復習重視
 最初から全て吸収しようなんて思わない。
 という事を心がけています。
 レバレッジ勉強法にも書かれているのですが、いろいろな参考書をやるよりも、同じ問題集を三度やったほうがよい。

レバレッジ勉強法/本田直之
¥1,365
Amazon.co.jp
 1回目は全体を俯瞰する程度。理解度20%
 2回目は、理解度50%を目指す。
 3回目は、理解度80%を目指す。
 3回やっても覚えられないものは、単語カードなどに写して空いている時間を使って復習。そして、理解度を98%まで持っていく。
 これはその通りだなぁと思います。人間どうせ忘れちゃうんだから、最初から気を張っていては、いざ忘れちゃった量の多さに挫折しちゃいますよね。
 それよりも、その回数ごとの理解度の目標決めて高めていったほうがよっぽどよい。
 とても、気楽なしかし実践的な方法だと思います。これなら続けられるなぁと思っています。
 よし!絶対11月30日のテストではTOEIC800点とって、来年からはビジネス書を英語で読んだり、オーディオテープを聴いたりできるレベルになるぞ!
 お~!
 れっつハーバードビジネスレビュー!

2008-01-11 | Posted in |-【読書】No Comments » 
Comment





Comment