|-【読書】

そもそも競争とは何か

孫子・戦略・クラウゼヴィッツ―その活用の方程式/守屋 淳
¥1,400
Amazon.co.jp

「競」・・・競う対象が外部の基準-タイム、スコア、点数、審査員や第三者の評価

「争」・・・敵を倒さない限り勝利を手にできない状況-戦争、ボクシング、レスリングなど

競は、自分が優秀な成績を取ればよい。

争は、互いに損ないあわなければならない。

競の場面で必要なもの・・・

「己に克つこと」、怠け心や挫折に打ち克ち、厳しい修行に耐えて実力を向上させる

実践の場においては、恐怖心やプレッシャーをはねのけて自分の実力を発揮し、

「勘」や「直感」をひらめかせ、「より少なくまちがった判断」「より正しい判断」を下していく

争の場面で必要なもの・・・

相手の戦う能力を奪う事

相手の戦う気力を奪う事

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

2007-12-29 | Posted in |-【読書】No Comments » 
Comment





Comment