|-【読書】

本を汚す

レバレッジ・リーディング/本田 直之
¥1,523
Amazon.co.jp

前々から気になっていたので、今日買って読みました。

以前から、僕も悩んでいたところなんですが、本に線を引いたり、折り目を付けたり、メモをしたりする事はとても抵抗がありました。

付箋を貼ったりして、重要なところはわかるようにしていたのですが、やっぱり、本は汚したほうがいいなぁと思いました。本を使いきるという表現のほうが適切かな。

あらかたの所は共感できるし、自分でも実践しているところでした。一つ違うのは、上記の事です。

きれいに読んで、人に貸す時があるかもとか、読み終わったら売ろうとか、単純に汚したくないとか、そんな考えがどこかにあったから、本を汚すという事はしなかったのですが、

やっぱり、この本から何を学んだか?を読み返した時に分かるようにするには、線引いたり、折ったりするのがいいんでしょうね。確かに、その瞬間は分かった気になっていても、忘れてしまっていたり、どこだったか探すのに苦労したりする経験はありますからね。

ちょっと、発想を変えて、直接書き込むということもやろうと思いました。

ちなみに、アメリカでは、本に折り目を付ける事を

「ドックイヤー(犬の耳)」

と、言うそうです。なんだかそれを聞いたら、折ってもいいかな^^;って思っちゃいました。

僕は、平均週2冊の本と、日経ビジネスと、日経新聞という情報の取り方をしていますが、1日一冊までは行かなくても、やっぱり本は、たくさん読みたいですね。

この本でも書かれているように、本ほど投資対費用効果の高いものはないですからね。

1500円が、15万円になる。

確かにそうかもしれません。


2007-12-18 | Posted in |-【読書】No Comments » 
Comment





Comment