|-【就職活動中のあなたへ】

誰と働きたいかが重要

12月の週末は、一人でも多く働いてもらいたい。しかし、なかなか週末に働いてくれる登録メンバーがいません。

私が今抱えている登録者は100名を越えたけど、週末働いてくれるのは、35人程度。

つまり、35%の稼働率。

口説くのにこんなに苦労すると正直思わなかった。

店長時代は、人に困っている時に、お願いしたり説得したりすると大体みんな協力してシフトを埋めてくれた。

そんな経験があったから、今回も大丈夫だろうと踏んでいた。でも、なかなか協力してもらえない。何でだろう?と思った。

店長時代と今の違うところ。

それは、関係の深さだと思う。

店長時代は、メンバーといつも一緒にいて、一緒に仕事をしていた。

今は、メンバーと顔を合わせるのは面接のときだけ。後は主に電話でのやり取り。

信頼関係の構築度で行ったら、天と地の差がある。

やっぱり、一緒に働く中で信頼関係作って、この人と働きたいとか、この人が困っているなら手伝ってあげたいといった気持ちになってもらえないと、自分の予定をつぶしてまでシフトに入ってはもらえない。

そうだよな。自分が逆の立場だったら、実質一緒に働いていない人に頼まれたって、自分の予定づらしてまで協力しようとは思わない。

もし、協力してもらうなら、何ヶ月も前から関係作って、12月を向かえて、そこで初めて頼める関係になっているのだろうと思った。一週間二週間の関係で、かつ顔も見えない相手で、心を動かすのは難しい。

とても勉強になる。

信頼関係を作るってやっぱり大事だし、1日2日でできるほど甘いものじゃない。

裏を返せば、店長時代はそうやって人間関係作って、みんなにお店作りに協力してもらっていたんだなぁと改めて思いました。

協力してくれたみんなにありがとうと思います。


Comment





Comment